ビールに合うヘルシーおつまみ!満腹レシピ&お手軽体操も紹介

ビールに合うヘルシーおつまみ!満腹レシピ&お手軽体操も紹介

トクトクと音を立ててグラスに注ぎ、グビグビと喉を鳴らして飲むのがビールの醍醐味です。

しかしビールは高カロリーなのがネック。

そこで今回はビールに合うヘルシーなおつまみを紹介します。

すぐにできるお手軽エクササイズも紹介するので、おつまみを作りながらトライしてみてください。

きっと体型を気にせず、もっとたくさんビールを飲めるようになりますよ。

目次

ヘルシーなおつまみを選ぶ3つのポイント

コンビニやスーパーでおつまみを選ぶ時のポイントを紹介します。

ポイントを守ればヘルシーなおつまみと簡単に出会えること間違いなし。

ビールのカロリーに対する罪悪感も薄れます。

基本は低カロリーなおつまみを選ぶこと

ビールをヘルシーに楽しみたい方にとって、低カロリーなおつまみを選ぶのは必須条件です。

カルパスやサラミ、唐揚げやフライなどの高カロリーなおつまみは美味しいですが、ビールと体型維持のためにも我慢しましょう。

どうしても食べたい時は、食べる曜日や日にちを決め、過度に食べないように対策したうえで楽しんでください。

ビタミンB1が豊富に含まれている食材

ビタミンB1は糖質とアルコールの代謝促進効果があります。

糖質を多く含むアルコール飲料であるビールには、ビタミンB1を豊富に含んだおつまみ選びがポイントです。

枝豆・豚肉・たらこ・ぬか漬けなどはビタミンB1が豊富。

ぜひおつまみに取り入れましょう。

塩気を避けて旨味をとる

塩気が効いたおつまみのメリットはわかりやすい美味しさ、デメリットは摂り過ぎると様々な疾患を招くこと。

大好きなビールを長く楽しむためにも、塩分は控えるように心がけましょう。

日本人は外国の方に比べて味覚が鋭く、旨味を感じやすい特徴があります。

おつまみをしっかり噛めば、旨味を感じやすくなるため試してみてください。

どうしても塩気を我慢できないなら、新陳代謝の向上効果に期待できる一味唐辛子で紛らわすのがおすすめです。

おしゃれ&ビールに合うヘルシーおつまみレシピ3選

IPAやクラフトビールなど、おしゃれに楽しむビールが増えています。

しかし、ビールのおしゃれさに見合わないおつまみでは、ちょっと残念ですよね。

そこで、女子会でも役立つおしゃれ&ヘルシーなおつまみレシピを紹介します。

おしゃれ×ヘルシー1.油不要!手軽にビールを楽しむ「キャベツのカレー蒸し」

材料(2人分)

  • キャベツ:1/8個
  • もやし:1/2袋
  • ツナ缶:80g
  • カレー粉:小さじ1/2
  • 塩コショウ:少々

作り方

  1. キャベツをザ切りにして、もやしはシャキッとするまで水にいれておく
  2. 材料を全て混ぜ、耐熱容器に入れる
  3. ラップをかけて電子レンジ(600W)で3~4分加熱
  4. 小皿に取り分けて完成

お通し感覚で楽しめるヘルシーレシピです。

食物繊維が豊富で、便通に悩んでいる方にもぴったり。

お好みでチリペッパーを加えると、よりビールが進む味わいになります。

おしゃれ×ヘルシー2.彩り鮮やか低カロリー「あさり×キャベツの豚肉蒸し」

食材(3人分)

  • あさり:300g
  • 薄切りの豚バラ肉:150g
  • キャベツ:1/4個
  • にんにく:1/2片
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 酒:150cc
  • しょうゆ:小さじ1/2
  • 塩こしょう:少々

作り方

  1. 豚肉を5cm幅にカット、キャベツはざく切りにして、にんにくを薄切りにする
  2. フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で焼く
  3. にんにくの香りが立ったら豚肉を焼く
  4. 豚肉に焼き色がついたら、しょうゆ以外の材料を加えてフタをする
  5. 貝の口が全て開いたら、しょうゆを入れて全体を炒め合わせる
  6. 盛り付けて完成

にんにくの香りだけでビールがはかどります。

メインとして出すには、パスタを入れてもいいですね。

苦味の効いたラガービールと相性抜群です。

おしゃれ×ヘルシー3.アツアツ×キンキンビールを楽しめる「こんにゃくグラタン」

材料(2人分)

  • 板こんにゃく:200g
  • 合い挽き肉:150g
  • 玉ねぎ:1/2個
  • にんじん:20g
  • とろけるチーズ:30g
  • 塩こしょう:適量
  • バター:15g
  • ケチャップ:大さじ3
  • ウスターソース:大さじ1
  • コンソメ:小さじ1/2

作り方

  1. 玉ねぎ・にんじんをみじん切りにし、こんにゃくを横半分にカットしてひと口代にカット
  2. フライパンにバターと挽き肉を入れ、塩こしょうで炒める
  3. 1.の食材を入れ、玉ねぎがしんなりしたらケチャップ・ウスターソース・コンソメを入れる
  4. 水分が少なくなったら耐熱皿に入れ、とろけるチーズをかける
  5. トースターで5分ほど加熱し、焼き色がついたら完成

焼けたチーズの香ばしさと挽き肉のジューシーな肉汁を楽しめて、こんにゃくで満腹感を得られます。

とことんヘルシーにこだわりたいなら、挽き肉を大豆ミートに置き換えるのもおすすめ。

低カロリーになったぶん、ビールをたくさん飲めます。

ヘルシーなのに満腹!ビールに合うヘルシーおつまみレシピ3選

「ダイエット中のチートデイには、お腹いっぱいビールとおつまみを楽しみたい

しかし、高カロリー過ぎるおつまみは、罪悪感が邪魔をして楽しめないのではないでしょうか。

満腹感とヘルシーさを兼ね備えたおつまみレシピを紹介します。

満腹×ヘルシー1.シンプルな旨味でビールが美味しい「牛モモステーキ」

材料(2人分)

  • 牛モモ肉(厚さ2cm以上):300g
  • 塩:3g
  • オリーブオイル:大さじ1
  • こしょう:適量

作り方(レア)

  1. 牛肉を室温に戻し塩こしょうを振る
  2. フライパンにオリーブオイルをしき、なじませる
  3. 牛肉の片面を強火で1分、弱火で1分焼く
  4. 牛肉をひっくり返して、強火で30秒、弱火で1分焼く
  5. 盛り付けて完成

焼き加減はひっくり返した後に弱火で焼く時間で調整でき、1分半~2分でミディアムレアに、2~3分でミディアムになります。

脂身が少なく、タンパク質を豊富に含んでいるため、安心してビールを楽しめます。

噛み応えもあって、満腹感を得やすいヘルシーステーキです。

満腹×ヘルシー2.低カロリー&ビールとよく合う「鶏ハム」

材料(ハム1個分)

  • 鶏むね肉:1枚
  • 塩:小さじ1/2
  • 砂糖:小さじ2
  • オリーブオイル:大さじ1

作り方

  1. フォークで穴を空けた鶏肉と調味料をビニール袋に入れて半日~1日漬ける
  2. 鍋でお湯を沸かし、沸騰したら1.を入れて2分煮る
  3. 粗熱が取れたら取り出し、好みの厚さにカット
  4. 盛り付けて完成

盛り付けの際は、オリーブオイルやブラックペッパーをかけると見た目もおしゃれになります。

さっぱりとした味わいで低カロリー、ビールとの相性もばっちり。

ジップロックを使うと密閉しやすく、取り出しも簡単です。

満腹×ヘルシー3.脂肪燃焼&ビールと相性バッチリ「ジンジャーポーク」

材料(3枚分)

  • 豚ロース(厚切り):3枚
  • 塩こしょう:適量
  • 小麦粉:適量
  • サラダ油:少々
  • 酒:大さじ1
  • ジンジャーソース:適量

作り方

  1. 豚肉に小麦粉を軽くまぶし、油をひいたフライパンで焼き目がつくくらい焼く
  2. 酒を入れ、弱火で2分間蒸し焼きにする
  3. お皿に盛り付けてジンジャーソースをかけて完成

蒸し焼きで余分な油が落ちてヘルシーになります。

豚肉はビタミン豊富ですので、免疫力アップ効果にも期待できます。

肉感、満腹感、ビールとの相性抜群の3拍子そろったおつまみです。

調理不要で簡単・手軽!ビールに合うヘルシーおつまみ3選

ヘルシーなおつまみを作るのが、手間に感じる時もありますよね。

調理不要なおつまみは、帰宅後すぐに楽しめる手軽さが魅力です。

調理不要で美味しくヘルシーなおつまみを紹介します。

手軽×ヘルシー1.低脂質でビールと相性抜群「ビーフジャーキー」


噛みしめるほどに牛肉の旨味が弾け、ビールがいくらでも飲めてヘルシーなおつまみ代表。

もともと保存食として開発されており、日持ちもするためストックしておくと便利です。

ペッパーが効いていて、新陳代謝向上にも役立ちます。

手軽×ヘルシー2.レンチンでほかほか美味しい「玉こんにゃく」


ほかほかと湯気の上がる玉こんにゃくで、キンキンのビールを流し込む。

寒い季節ならではの楽しみ方です。

糖質とカロリーオフでお腹いっぱい食べても安心、玉こんにゃくで思う存分酔っ払えます。

手軽×ヘルシー3.炙ると香ばしくビールがうまい「するめいか」


ビールのおつまみに悩んでいる方には、するめいかがおすすめ。

高たんぱく低カロリーでヘルシーなのに、間違いなくビールが進む味わいです。

ライターで炙る時はやけどに気を付けてお楽しみください。

お手軽体操で理想体型!ビール×ヘルシーおつまみ×運動=最強コンボ!?

おつまみをレンチンしている時間や、お鍋が煮えるまでの待ち時間

せっかくなら簡単エクササイズを取り入れてみませんか?

ビールとおつまみがさらに美味しく、キレイなラインの身体も手に入るかもしれません。

ぷよぷよ下半身対策!レンチン中は片足立ちで待つ

やり方

  • 片足を床から5~10cm浮かせて片足立ちする
  • 反対側の足も動揺に行う

バランスがとりにくい場合は、手で軽く支えてください。

毎日繰り返すと、新陳代謝・バランス感覚アップ

ウォーキング50分相当の運動効果が得られます。

たぷたぷ腹肉対策!ヘルシーおつまみ調理中はお腹をへこませて

やり方

  1. 背筋を伸ばして立つ
  2. おへそを中心にお腹を凹ませて30秒キープ
  3. 数回繰り返す

ぽっこりお腹が気になる時は「おへそ凹ませポーズ」が効果アリ。

腹筋が自然に鍛えられて、ガードルを履かなくても下腹が引き締まります。

お湯が沸くまでやレンチンの待ち時間など、スキマ時間に行ってみてください。

むにむに二の腕対策!手首ねじりで美シルエットに

やり方

  • 両腕を肩の高さに上げる
  • 両腕の高さをキープしながら、両手首をねじる
  • 1セット20回を2~3セット行う

気を付けているのに、いつの間にかたぷたぷしている二の腕。

筋肉痛の状態を見ながら、セット数を調整していけば、夏には美シルエットが完成します。

肩こりにも効くため、デスクワークの方にもおすすめです。

高カロリーなビールをヘルシーおつまみで罪悪感なく楽しもう!

ビールに合うヘルシーおつまみと簡単エクササイズを紹介しました。

おつまみや簡単エクササイズがあれば、ビールの高カロリーを気にせず楽しめます。

ビールの飲みすぎは体によくありませんが、我慢しすぎはストレスの原因になることも。

ヘルシーおつまみと簡単エクササイズを活用して、ビールを楽しんでください。

おつまみカテゴリの最新記事