高級食材・伊勢海老を楽しむならどんな料理?おいしい食べ方やよく合うお酒をご紹介

高級食材・伊勢海老を楽しむならどんな料理?おいしい食べ方やよく合うお酒をご紹介

特別な日のお祝い料理や、海沿いの旅館の豪華なお刺身のひとつとして楽しまれることの多い高級食材、伊勢海老。

長いひげと曲がった腰が長寿を思わせることから、健康長寿の縁起物としても知られ、古くから日本人に親しまれてきました。

お刺身だけでなく、さまざまな料理で味わうことのできる伊勢海老のおいしい食べ方や、よく合うお酒をご紹介します。

はれの日の高級食材、伊勢海老

伊勢海老は、日本の房総半島から南、台湾までの海域でとれる海老で、大きさは20~30センチほど。

大きいものでは40センチほどになる、日本でとれるものの中では一番大きな海老です。

その大きさから重たいものは1匹で1キロを超え、名前の通り伊勢とかつて呼ばれた三重県や千葉県の名産品として知られています。

お正月の鏡餅に殻が飾られたり、結婚式でグラタンにして出てきたりと、おめでたい席に使われるイメージが強いのではないかと思います。

健康長寿だけではなく、何度も脱皮して大きくなることから、立身出世の縁起物としても知られており、伊勢海老は特別な日のごちそうとして、これまで親しまれてきました。

お値段もそれなりで、500g程度のものが1万円というのが相場だそう。

大切においしくいただきたいですね。

隠れた伊勢海老の名産地、伊豆半島

房総半島から南の海でとれる伊勢海老ですが、東京から近い千葉以外の観光地では、伊豆半島でもよくとれることが知られています。

一番水揚げ量が多いのは南伊豆町で、秋になると伊勢えびまつりが開催されます。

飲食店では、お刺身などで楽しむだけにとどまらず、贅沢に伊勢海老を使った味噌汁なども提供され、大きな器に盛り付けられた伊勢海老の味噌汁は、伊豆の名物ともいえます。

他にも伊勢海老を使ったメニューが数多く提供されていますが、中にはあの大きな伊勢海老を天ぷらにして打ち立てのそばと一緒にいただく、伊勢海老天せいろを出しているそば店があったり、伊勢海老を開いて干した干物を名物にしている干物店があったりと、ちょっと豪快な雰囲気で楽しむことのできるお店があるのも伊豆の伊勢海老料理の特徴です。

旅行に行ったときにはなるべく間食をせずに、お腹をすかせて伊勢海老天せいろや干物を楽しみたいですね。

伊勢海老を取り寄せて楽しむ

旅先の飲食店などで楽しむことの多い伊勢海老ですが、今はネット通販などで活けや冷凍の伊勢海老を取り寄せることも可能になり、家庭でさばいて料理することが出来ます。

新鮮な伊勢海老は甘みとコクが感じられ、ぷりぷりとした食感がたまりません。

さばくのもそれほど難しくなく、お祝いの席やホームパーティーなどに用意すると、盛り上がること間違いなしだといえます。

ぜひ取り寄せて好みの料理法で味わいたいですね。

伊勢エビ 伊勢海老 活 刺身 約250g×2尾 三重県産 志摩産 活け 生タイプ 活魚 イセエビの本場 賢島 生きたまま 直送【送料無料】 [冬ギフト] お年賀 お年始 新春 初売り

伊勢海老に合わせるお酒

伊勢海老を食べる時に飲むお酒はどんなものかというと、やはりお祝いなどの特別な席で飲むシャンパーニュなどを合わせる人が多いのではないかと思います。

どのような料理法で食べるかによって、よく合うお酒も変わってくるといえ、ゆでて楽しむのなら若々しい辛口のシェリーのひとつであるマンサニージャを合わせたり、グラタンなら少し重たいテクスチャの感じられるブルゴーニュのシャルドネを合わせても。

シンプルにグリルしたものなら、イタリアのサルデーニャ島で造られるヴェルメンティーノなど、合わせるお酒を考えるのも楽しみのひとつだといえます。

新鮮さを生かしたお刺身や、お醤油でいただく鬼殻焼き、お土産で購入した干物などをいただくとしたら、やはり日本酒と一緒に楽しみたいですね。

created by Rinker
¥1,930 (2024/05/24 09:37:56時点 楽天市場調べ-詳細)

静岡県の由比にある銘酒蔵、神沢川酒造場が造る正雪の純米吟醸は、山田錦を50%まで磨いて造った蔵の定番のお酒です。

すっきりとさわやかな香りに、やわらかな口当たりとお米のうまみと甘みが感じられるバランスの良いお酒です。

伊勢海老との相性も良く、家で楽しむ料理を格上げしてくれます。

はれの日だけでなく、週末のごちそうにもぴったりな伊勢海老を、お取り寄せしておいしいお酒とともにぜひ味わってみてください。

コラムカテゴリの最新記事