ホットウイスキーで体の芯から温めたい!おすすめウイスキーも紹介

ホットウイスキーで体の芯から温めたい!おすすめウイスキーも紹介

寒い季節には、ホットウイスキーがおすすめです。

ホットウイスキーは、作り方が簡単かつコスパに優れます。

しかし、ウイスキーとお湯の分量やお湯の温度など、わからない点がある方もいるのではないでしょうか?

今回は、おいしいホットウイスキーの作り方を解説します。

ホットウイスキー向けのウイスキーも、あわせて参考にしてみてください。

ホットウイスキーは本場でも親しまれる飲み方

「ホットウイスキーは邪道」という意見を耳にしますが、そんなことはありません。

ウイスキーの本場であるスコットランドでは、古くから親しまれる飲み方です。

そして、ホットウイスキーはアルコール分とお湯のおかげで、体を温めるのに効果的。

冷たい風で冷え切った体も、ホットウイスキーでぽかぽかになります。

すぐできる!ホットウイスキー作りの3ステップ

ホットウイスキーは、お湯・ウイスキー・グラスがあれば、お酒初心者でも簡単に作れます。

しかし、ウイスキーとお湯の割合やお湯の温度を間違えると、ウイスキーの風味を損ねる原因に。

おいしいホットウイスキーを作るためのポイントを紹介します。

ホットウイスキー作りの3ステップ

ステップ1.ホットウイスキー用のグラスを温める

グラスが冷たい場合、ウイスキーの温度が下がってしまい、風味を損ねる原因になってしまいます。

そのため、ホットウイスキー用のグラスは、一度お湯を注いで温めておくのがおすすめ。

ウイスキーの風味が引き立ちやすくなり、よりおいしいホットウイスキーを作れます。

使用するグラスは、ロックグラスのような本格的なグラスでなくても構いません。

マグカップやタンブラーなど、身近なグラスで楽しんでみてください。

マグカップは火傷しにくいですし、タンブラーは保温ができます。

ステップ2.ウイスキーをグラスに注ぐ

グラスが温まったら、中身のお湯を捨てて、ウイスキーを注ぎましょう。

ウイスキーとお湯の割合は、1:3か1:4程度が目安です。

お酒初心者は、グラスに余裕を残せる量にしておくのがおすすめ。

ウイスキーが濃いと感じたときに、お湯を注ぎ足せます。

ステップ3.ウイスキーにお湯を加える

ウイスキーを割るお湯の温度は80度が目安です。

好みによっては上下しますが、80度のお湯はウイスキーの風味を損ねず、香りが引き立つ温度です。

湯温はウイスキーのおいしさを左右するため、中には温度計を使用する方もいますが、面倒に感じる方は電気ポットがおすすめ。

80度に設定できる電気ポットが多く、手軽にベストな温度のお湯を準備できます。

帰宅したときに湯温が高ければ、ポット内のお湯を4分の1ほど捨てて、水を足しましょう。

お風呂に入っている間に、ちょうどいい湯温になります。

ホットウイスキーにおすすめの銘柄3選

スーパーやコンビニでも手に入り、コスパ良好なウイスキーを厳選しました。

お湯割りだけでなく、ハイボールにも合うウイスキーばかりですので、ウイスキー選びの参考にしてみてください。

ホットウイスキー向けの銘柄一覧

おすすめウイスキー1.甘い味わい&低コスパ「ジムビーム アップル」

created by Rinker
¥1,518 (2024/05/24 09:40:49時点 楽天市場調べ-詳細)

ジムビーム アップルは、リンゴのフレーバーを使用したウイスキーです。

ストレートで飲むと、カクテルのような味わいでおいしいですが、甘さが強めなのがネック。

甘党の方にはちょうどいいかもしれませんが、筆者が試したところ、ホットウイスキーのように割って飲むほうがおいしく感じられました。

アルコール度数が32%と、ウイスキーとしては低めなのもポイントです。

お酒初心者でも、悪酔いや二日酔いしにくく、楽しい時間を過ごせるでしょう。

おすすめウイスキー2.優しい甘みと力強い味わい「ジャックダニエル」

ジャックダニエルは、アメリカのテネシー州で製造されているウイスキーです。

ウイスキーのろ過には、サトウカエデの炭を使用。

自然でまろやかな甘みが感じられます。

ジャックダニエルは、アルコール感に慣れたらトワイスアップにも挑戦してみましょう。

トワイスアップとは、ウイスキーと常温の水を1:1で割る飲み方です。

アルコール感が少なくなり、ウイスキー本来の味わいを楽しめます。

ジャックダニエルはクセが少なく飲みやすいため、キツめの1杯が欲しいときにぴったりです。

おすすめウイスキー3.バランス感のあるおいしさ「ジョニーウォーカー ブラックラベル12年」

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年は、スコットランドのウイスキー原酒をブレンドしたスコッチウイスキーです。

40種類もの原酒がブレンドされており、スムーズな飲み口と微かに香るスモーキーさが特徴。

「ジョニ黒」の相性でも知られ、幅広い年代に愛されています。

ジョニ黒は、ホットウイスキーだけでなく、幅広い飲み方で楽しめるのがおすすめポイント。

1本常備しておけば、ストレート・ハイボール・ロック・ホットウイスキーなど、季節や気分に合わせて飲み方を変えて楽しめます。

ホットウイスキーのキツさがやわらぐ3つの方法とは?

ホットウイスキーはおいしいですが、アルコールがキツく感じられやすいのがネックです。

そこで、手軽にできるアルコール感対策を紹介します。

どの方法も美味しいので、ぜひお試しください。

方法1.ホットウイスキーに爽やかさをプラス「レモン」

レモンの爽やかさは、ホットウイスキーのアルコール感を緩和します。

ただし、入れすぎに注意。

ハイボールと同じ感覚でレモン果汁を加えると、ほぼ間違いなくムセます。

最初は2~3滴加えて、あとは好みに合わせて調整しましょう。

ホットウイスキーが、驚くほど飲みやすくなります。

方法2.コクのあるホットウイスキーに「はちみつ」

はちみつは、ホットウイスキーに程よい甘みと深みのある味わいを与えてくれます。

加えるはちみつの量は、ティースプーン1杯が目安。

ホットウイスキーがぬるくなる前に、溶かし込むのがポイントです。

甘やかなカクテルのような味わいになり、さらに親しみやすい味わいになります。

方法3.ホットウイスキーがまろやかに「無塩バター」

バターは、レモンやはちみつを加えてもアルコール感が気になった方におすすめです。

バター特有のコクの深さが、ウイスキーのツンとしたアルコール感をなくしてくれます。

ホットウイスキーに加えるバターの量は、製品によって違いがありますが、1/2片ほどから試してみてください。

無塩バターでなくても構いませんが、塩気が強いとウイスキーの風味を損ねる場合があります。

そのため、無塩バターがない場合は、ごく少量ずつ追加するのがポイント。

ホットウイスキーが飲みやすくなり、楽しい時間を過ごせるでしょう。

ホットウイスキーは低カロリー、ダイエット中にもおすすめ♪

ウイスキーや焼酎などは、低カロリーなお酒として知られています。

アルコールですので、飲み過ぎには注意が必要ですが、プリン体フリーな点も安心。

ホットウイスキーで、楽しい一夜を過ごしてみてください。

ダイエット中でも、罪悪感なくお酒を味わえます。

コラムカテゴリの最新記事