今が旬の金目鯛とは?金目鯛を使った料理とよく合うお酒をご紹介

今が旬の金目鯛とは?金目鯛を使った料理とよく合うお酒をご紹介

大きな目が金色に輝き、赤い体を持つ金目鯛は、関東の近海や高知県室戸沖などで水揚げされる深海の魚です。

脂の乗った上品な味わいの白身魚で、昔は煮付けにして食べるのが一般的でした。

今ではさまざまな食べ方で楽しむことのできるようになった金目鯛の魅力と、よく合うお酒をご紹介します。

金目鯛は鯛の仲間ではない

金目鯛という名前もあり、鯛の仲間だと思っている方が多いかもしれませんが、金目鯛は鯛の仲間ではありません。

身体が赤いことから鯛という呼び名がついているだけで、実際にはキンメダイ目キンメダイ科という別の分類の魚なのです。

ちなみに鯛はスズキ目スズキ亜目タイ科となり、こうして表すと全く違っていることがわかります。

水深が20メートルほどのところに住む鯛と違い、金目鯛が住んでいるのは水深200メートル以上の深海。

大きなものは水深800メートルまでのさらに深いところに住んでいることもあり、釣り上げるのが大変な高級魚としても知られています。

さまざまな料理に使える金目鯛

金目鯛はしっかりと脂の乗った白身魚で、身はふっくらとやわらかく、上品な味わいを楽しむことが出来ます。

煮魚にして食べるとおいしいといわれる金目鯛ですが、それはまだ流通の発達していなかった頃の話。

今は刺身やしゃぶしゃぶ、アクアパッツァやムニエルなど、どんな料理にしてもおいしく食べられることが知られています。

ほかには干物や粕漬け、味噌漬けなどにしてもおいしく、よく水揚げされる伊豆半島などの地域では、お土産として重宝されていたりもします。

好みの料理法でおいしく楽しみたいですね。

created by Rinker
¥15,000 (2024/05/22 07:58:04時点 楽天市場調べ-詳細)

金目鯛で町おこし

近年金目鯛が多く水揚げされるようになった高知県室戸市では、キンメ丼で町おこしをしています。

ごはんの上には室戸沖でとれたばかりの新鮮な生の金目鯛と、煮付けた金目鯛の2種類を盛り付けるのが決まりとなっており、室戸市の8軒の飲食店で楽しむことが出来ます。

お店ごとに味付けやアレンジが違っているので、食べ比べをするのも楽しく、訪れたときにどこのお店で食べるか決めるのも、嬉しい悩みだといえます。

とれたてで新鮮だからこそおいしいキンメ丼、ぜひ味わってみたいですね。

created by Rinker
¥1,998 (2024/05/22 07:58:04時点 楽天市場調べ-詳細)

金目鯛に合う日本酒

脂のりがよくふっくらとした食感が楽しめる金目鯛に合わせるなら、どんなお酒が良いでしょうか。

お刺身や煮付け、ポン酢を付けていただくしゃぶしゃぶなどの和風のお料理に合わせるなら、やはり日本酒を選びたいところです。

定番の煮付けには、五橋などの米のうまみが感じられる日本酒がおすすめです。

五橋純米大吟醸生酒馨香は少し炭酸ガスの感じられる軽やかな飲み心地でありながら、ふっくらとした香りとまろやかでなめらかな口当たり。

飲み疲れしないので食中酒としてゆっくりと料理とともに楽しむのによく、冷やからぬる燗までおいしい温度も幅広いのがいいところです。

金目鯛と合わせるワインは?

カルパッチョやアクアパッツァ、ムニエルやブイヤベースなど、洋風のお料理に合わせるなら、やはり白ワインが恋しくなりますね。

しっかりと脂の乗った今が旬の金目鯛に、さまざまな素材を合わせて作る料理には、少ししっかりめの白ワインをあわせてみたいですね。

ヴァンサン・ジラルダンのプイィ・フュイッセ ヴィエイユ・ヴィーニュはナッツの香りが豊かで、柑橘類のような凝縮した果実味が感じられる繊細なワイン。

バターを使って皮目をこんがりと焼いたソテーやムニエルはもちろんのこと、カルパッチョやブイヤベースなどにもぴったりです。

日本近海の深海の恵みである金目鯛はちょっぴり高級ですが、特別な日の食卓を飾るのにふさわしい魚でもあります。

おいしいお酒とともに好みの料理法で楽しみたいですね。

コラムカテゴリの最新記事