6月18日は【国際寿司の日】その由来とロール寿司と楽しみたいお酒をご紹介!

6月18日は【国際寿司の日】その由来とロール寿司と楽しみたいお酒をご紹介!

6月18日は「国際寿司の日」です。

「国際寿司の日」は、“おいしい寿司をもっと多くの人に食べてもらいたい”という想いから、Facebook「寿司」創設者であるクリス・デメイ氏によって制定された記念日です。

2013年に和食がユネスコ無形文化遺産に登録され、海外では日本食レストランが増加し、その注目度は高まっています。

和食の代表格である「寿司」の認知度も世界的に高まっており、世界各国で独自の進化を遂げつつあります。

今回は、そのように海外でローカライズされた寿司とそれらとペアリングしたいお酒をご紹介します。

進化系お寿司①カリフォルニアロール

カリフォルニアロールは、カリフォルニアで誕生した巻き寿司です。

1963年、カリフォルニア州ロサンゼルスのレストラン「東京會館」内のスシ・バーにおいて、タラバガニの脚身とアボカドをマヨネーズであえた巻きずしが考案されたのが始まりとされています。

その後1980年代に日本に逆輸入されました。

アメリカでは生魚が苦手な人が少なくないため、具材にカニカマボコやアボカド、キュウリ、マヨネーズ、白ごまなどを用います。

海苔が内側になる「裏巻き」で巻いてあるのも特徴の1つです。

ライン39 ソーヴィニヨンブラン カリフォルニア

カリフォルニアロールに合わせたいお酒は、チェケッティの「ライン39 ソーヴィニヨンブラン カリフォルニア」です。

チェケッティは、2007年に設立され、カリフォルニアワインの主要な生産地ナパ・ソノマの北部にあるAVAで高品質でコスパの高いワイン造りを行っています。

各国の航空会社5社でオンリストされ、受賞歴も多数のワイナリーです。

「ライン39 ソーヴィニヨンブラン カリフォルニア」は、ライムやグレープフルーツなどのシトラス系の香りが感じられ、飲み口がなめらかでクリーンな味わいが堪能でき、アフターに爽やかな苦味の余韻が心地よい1本です。

アボカドは“森のバター”と呼ばれるほど脂肪分が多く、まろやかな口当たりが特徴的ですが、同時に独特の青臭い風味があります。

この青臭いニュアンスが、ソーヴィニヨンブランのフルーティでハーブを思わせるようなアロマと近しい関係にあり、同調のマリアージュが生まれます。

進化系お寿司②フィラデルフィアロール

フィラデルフィアロールは、クリームチーズ、スモークサーモン、アボカド、タマネギなどを巻いたロール寿司です。クリームチーズが入っていることが名前の由来です。

進化系お寿司③レインボーロール

すし飯と具材を、スライスした刺身で巻き込むロール寿司です。

マグロ、サーモン、ブリなど6~7種類の魚介がセットになっていることが名前の由来です。

進化系お寿司④ダイナマイトロール

魚かエビの天ぷら、かいわれ、にんじん、アボカド、きゅうり、チリ、スパイシーなマヨネーズを巻いたボリューム自慢のロール寿司です。

進化系お寿司⑤マンゴーロール

薄くスライスしたマンゴーですし飯と具材を巻き込む寿司。

サーモンやアボカドといった食事系の具材もあれば、マンゴークリームを包み込んだデザート系の具材の場合もあります。

進化系お寿司⑥ハワイロール

ツナの缶詰、玉子焼き、かまぼこ、カンピョウなどが入ったロール寿司です。

スイートチリソースやマヨネーズソースと共に頂きます。

コナビール ハナレイ IPA

一緒にハワイのNo.1クラフトビールブリュワリー コナブリューイングカンパニーが造る「コナビール ハナレイ IPA」を楽しむのはいかがでしょうか?

ハワイの伝統的なフルーツ パッションフルーツやオレンジ、グアバとIPAを融合した新定番ビールです。

3種のフルーツの香りと風味が複雑にミックスされ、すっきりとしたキレが感じられます。

また、フィニッシュには軽いモルトのニュアンスもあり、軽やかながらも奥行きのある味わいです。

ツナやかまぼこの穏やかな旨味・香りにしっくりと寄り添ってくれ、スイートチリソースの甘みに華やかなフルーツたちの香りが溶け合います。

進化系お寿司⑦アボカドロール

薄めにスライスしたアボカドを外側に巻いたロール寿司。

カリフォルニアロールと同じく、具材はカニカマボコのことが多いようです。

金明 純米酒 濃厚タイプ

合わせたいお酒は静岡県御殿場市にある蔵元・根上酒造店が造る「金明 純米酒 濃厚タイプ」です。

アボカドには脂肪分がありしっかりしているので、それに合わせてある程度重量感のあるお酒との相性が良い傾向にあります。

根上酒造店は、1892年創業。

御殿場唯一の蔵元で、地下80メートルから湧き出る富士山の伏流水を仕込み水に使用。

北陸や東北などの米どころと似た環境下で育てられた北駿産の酒米で、蔵元自ら醸しを行っています。

「金明 純米酒 濃厚タイプ」は、旨味やコクにまろやかな甘みが調和する濃醇な味わいの純米酒。

アボカドの油分に甘みがしっくりと溶けあう味わい深いペアリングです。

「国際寿司の日」には、進化を遂げたロール寿司の数々を味わってみてはいかがでしょうか♬

今日は何の日カテゴリの最新記事