【7月8日は中国茶の日】この日はジャスミンティーのカクテルはいかが?

【7月8日は中国茶の日】この日はジャスミンティーのカクテルはいかが?

夏になるとお茶やお酒が美味しくなりますね。

喉越しがいい物ばかりなのでゴクゴク飲めちゃうので、ついつい飲み過ぎてしまう事も…

夏と言ったらビール!!という方もいると思いますが、私は断然、お茶割派です。

そんなお酒でもそのままでも美味しいお茶にも沢山の種類があるのはご存じですか?

今回は身近にあるとあるお茶についての小話と共に、それに合うお酒を紹介していきたいと思います!

今日は何の日?

今日は中国茶の日です。

 

皆さんもよく知っているジャスミンティーや烏龍茶やプーアール茶も実は中国出身の中国茶なのです。

この日は中国茶の消費を促す普及活動などを行う、東京都渋谷区神宮前に事務局がある「NPO CHINA 日本中国茶協会」が、中国語の七(チ)と日本語の八(ヤ)で「ちゃ」(茶)と語呂合わせで読める事から制定しました。

この日は飲み物として、中国の文化としての「中国茶」をより広い視野で考える日でもあります。

そもそも中国茶とは?といいますと、中国大陸または台湾で作られるお茶の総称であり、世界中に伝わった茶は中国にその起源を持っており、北京語でも広東語でも同じ「チャ」と発音しますが、港があり貿易が盛んであった福建省厦門地方では茶は「テー」と発音し、これが英語の「tea(ティー)」やフランス語の「thé(テ)」となりました。

中国茶には数千種類あり、大きく分類して緑茶。白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶に分けられ、ジャスミン茶は特別に香り付けをする加工を施されているので別分類になりますが、烏龍茶は青茶、プーアール茶は黒茶の部類になります。

普段口にしている中国茶の種類や部類が大きく分かれているのは面白い発見ですね。

この日にちなんだお酒

中国茶のお酒は色々ありますが、日本で浸しみがあるのはジャスミン茶ハイや烏龍茶ハイなのですが、今回は自宅でも作れるカクテルを紹介していきます。

それはジャスミン茶を使ったカシス・ジャスミンテーです。

優雅で甘美な香りがとてもいいジャスミン茶を使用して、甘酸っぱいカシスリキュールを使用した甘いカクテルが作ることが出来ます。

今回使用するリキュールはサントリー ルジェ クレーム ド カシスです。

created by Rinker
ラフォン
¥1,298 (2021/08/01 23:22:49時点 Amazon調べ-詳細)

カシス系のカクテルを作る位は高確率で使われているカシスリキュールです。

甘味もしっかりしていながら、カシスの香りがしっかり出ているリキュールで、スーパーなどでも取り扱っているため見た事ない人はいないでしょう。

カシス・ジャスミンティーの材料と作り方は

《材料》
・ルジェ クレーム ド カシス 30ml

・ジャスミンティー 90ml

・ミントの葉 1枚

《作り方》
1グラスに氷を入れ、カシスリキュールを注ぎます

2その後にジャスミンティーを注ぎます

3ミントの葉っぱを飾って完成

味はやや甘口でさっぱりジャスミンとカシス味と香りがほんのり口の中に広がる、夏に飲みたいさっぱりした仕上がりです。

いかがでしょうか?

暑い夏の日には、カシス・ジャスミンを作ってさっぱりしてみませんか?

日本茶を使ったお酒も美味しいですが、中国茶を使ったお酒も美味しいので、中国茶の日に是非作って飲んでみてください!!

今宵の酒カテゴリの最新記事