「横浜カレー記念日」はカレー×ビールのペアリングを楽しもう

「横浜カレー記念日」はカレー×ビールのペアリングを楽しもう

6月2日は横浜カレー記念日です。

1859年の6月2日に横浜港が開港しました。

一説にその時にカレーが同時に日本に入って来たということがあり、それにちなんで制定されました。

以前は横浜カレーミュージアムというフードテーマパークがありましたが、2007年に閉館しました。

カレーにまつわる雑学

カレーライス

今やカレーは日本に根付いており、家庭や学校の給食、レストランとさまざまなところで提供されています。

各家庭ごとにレシピがあり、それを受け継ぐといったところも。

子どもから大人まで愛されているカレーですが、最初に家庭向けに発表されたレシピはどんなものかご存知ですか?

家庭用にレシピが発表されたのは、明治5年(1872年)だったそうで、最初に入れられていたお肉はなんと「アマガエル」だったそうです。

鶏肉や牛肉でもなく豚肉でもなく、なぜカエルだったのかというと、当時の日本では鶏肉や牛肉を食べる習慣がまだなかったそうです。その時に簡単に手に入る食材で代用できそうだったのがカエル。

今となっては考えられませんが、カエルは鶏肉のようにあっさりとしてるので、カレーにも合っていたと考えられます。

カレーに合うビール

カレーとビールは鉄板の組み合わせ。その中で特におすすめものを紹介します。ビール合うカレーも一緒に紹介していきましょう。

ギネスビール|キリンビール

created by Rinker
¥6,897 (2021/06/24 00:31:07時点 楽天市場調べ-詳細)

黒ビールで有名なギネスビール。

芳醇な香りと独特なコクのある味わいで、好きな人にはたまらない味ですよね。

これに合うカレーは、欧風カレーです。

レトルトカレーなど普段私たちが食べており、一番馴染みのあるものです。

カレーの濃厚でコクとある味わいにギネスビールも負けていません。お互い個性がありますが、最後は口の中をさっぱりさせてくれますよ。

おさるIPA|箕面ビール

カレーのパンチに負けない強い苦味と香りを持つIPAビールはおすすめです。

この箕面ビールおさるIPAは5種類のアメリカンホップを使用しているのでホップの苦味が効いており、キレのいい仕上がりに。

カレーの中で特にスパイスの効いたカレーとの相性がよく、IPAの強い味わいを引き出してくれますよ。

LUCKY CAT|黄桜

日本酒でお馴染みの黄桜から登場したクラフトビール。

LUCKY CATは柚子の香りとほんのり山椒の風味が効いたライトボディのビールです。

和を感じるテイストで、これに合うカレーはタイカレーや和風のカレーなど。

お互いサラッとさっぱりした味で、邪魔をせずお互いの風味を生かす味わいとなりますよ。

番外編

ビールが苦手というかたにカレーと合う白ワインを紹介します。

ゲヴェルツトラミネール

フランスのアルザス地方で作られた甘口の白ワインです。

フルーティーな爽やかな香りがしつつも凝縮された豊かな風味。甘口でしっかりとした味わいなのでカレーの味に負けません。

お肉やクミンを使った料理と合うとされているので、カレーにもよく合いますよ。

まとめ

ビール

ビールは相性が合うものと組み合わせるとさらに美味しく感じますよね。

普段ビールを飲まない人や苦手な人も一度挑戦してみてはどうでしょうか。

ビールが好きな人も新しい発見が見つかるかもしれませんよ。

今宵の酒カテゴリの最新記事