ちょっとだけ贅沢気分を味わう、3,000円以下のブレンデット・スコッチウイスキー5選

スコッチウィスキーとは、英国のスコットランドで製造されているウィスキーの総称です。

原料の糖化、発酵、蒸留、熟成まで全てをスコットランド内で行ったウィスキーがスコッチウィスキーを名乗ることが出来ます。

他の地域のウィスキー、例えばアメリカンウィスキーとの違いは、アメリカンウィスキーの多くがスッキリとした味わいと香りであるのに対して、スコッチウィスキーは麦芽を乾燥させる際に燃焼させる泥炭(ピート)に由来する独特の煙のような香りであるピート香(スモーキーフレーバーとも呼ぶ)が強いため、味わいも香りも濃厚であるのが特徴です。

また、モルト原酒を製造している蒸留所の地区(6地区あり)によって味わいや香りに大きな違いがあるのも特徴で、単一蒸留所の単一モルト原酒を使用している場合はシングルモルト・スコッチウィスキーと呼ばれています。

各地区で製造されているモルト原酒の個性を最大限に活かし、数種類から数十種類をブレンドさせて味わいや香りを調整して造られているのが今回ご紹介するブレンデット・スコッチウィスキーです。

毎日の晩酌用の場合は店頭でも1,000円前後のものが売れ筋なのですが、プレゼント用や週末などの「ちょっとだけ贅沢気分を味わいたい」時用の予算は3,000円前後が多いようです。

そんな時にピッタリな3,000円以下でおすすめのブレンデット・スコッチウィスキーを5つセレクトしてみました。

シーバスリーガル 12年 

ブレンデット・スコッチウイスキーを象徴する存在。フルーティ&フローラルな香りと、樽熟成由来のナッツ感とドライな味わいが特徴であるストラスアイラ(スペイサイド地区のモルト原酒)をキーモルト(中心となるモルト原酒)として使用。ナッツ系のニュアンス、熟したりんごと蜂蜜の味わいが広がるクリーミーでまろやかな舌触りと長く柔らかな余韻を楽しめます。

ストレートかロックで飲む場合が多いのですが、濃いめのハイボールでも美味しく楽しめますよ!!

○生産国…英国 スコットランド ○メーカー…ペルノリカール○原料…モルト/グレーン
○アルコール…40度  ○分類…ブレンデット・スコッチウィスキー
○容量…700ml  ○実勢価格…2,500円~

バランタイン 12年

スペイサイド、ハイランド、アイラ、ローランドと、4つの地方の厳選されたモルト原酒、グレーン原酒を40種類以上使用おり複雑で熟成感にあふれた味わいが特徴。蜂蜜やバニラを思わせる甘く華やかな香り。フルーティでバランスの取れたエレガントさがベースに感じられます。

水割りやハイボールにするとキーモルトであるハイランド・モルト特有の潮の香りが楽しめますよ!!

○生産国…英国 スコットランド    ○メーカー…サントリー ○原料…モルト/グレーン
○アルコール…40度  ○分類…ブレンデット・スコッチウィスキー
○容量…700ml  ○実勢価格…2,500円~

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年

所謂「ジョニ黒」と呼ばれる世界最大の販売量を誇るブレンデット・スコッチウィスキーです。キーモルトが海潮の力強い香りとスモーキーな甘さを持ち合わせたウィスキーであるタリスカー(スカイ・モルト)と言われており、今回取り上げているウィスキーの中でも最もスモーキーでコクがあるのが特徴です。

ストレートやロックで飲む場合が多いのですが、若干薄めのハイボールも潮の香りとスモーキーフレーバーが楽しめるのでおすすすめですよ!!

○生産国…英国 スコットランド   ○メーカー…キリンビール ○原料…モルト/グレーン
○アルコール…40度  ○分類…ブレンデット・スコッチウィスキー
○容量…700ml  ○実勢価格…2,500円~

オールドパー シルバー

斜めでも自立するユニークなボトルは「決して倒れない」「右肩上がり」…。縁起を担ぐ日本人に親しまれ、昭和の政治家や文人に愛されたウイスキーとしても有名。当時はステイタスシンボルとも言われていました。キーモルトはフローラルな香りと甘くウッディなスモーキーフレーバーが特徴であるクラガンモア(スペイサイド・モルト)を使用。

同じオールドパーでも上位クラスである12年や18年は水割りかロックが定番ですが、安価版であるシルバーはハイボールがおすすめ。フレッシュな香りが際立ち、キレの良い後味とともに、心地よいスモ―キーな余韻を楽しめますよ!!

○生産国…英国 スコットランド   ○メーカー…MHD ○原料…モルト/グレーン
○アルコール…40度  ○分類…ブレンデット・スコッチウィスキー
○容量…700ml  ○実勢価格…2,700円~

デュワーズ 12年

ウィスキーをソーダで割るハイボール…。実はデュワーズの2代目トミー・デュワーが友人とウェイターにリクエストして1905年にアメリカで誕生したと言われいます(なぜか当時の新聞記事に記されている)。何故か、ストレートやロックよりも明らかにハイボールが美味いという不思議なウィスキーでもあります(笑)

キーモルトは濃厚で丸みのある味わいが特徴であるアバフェルディ(ハイランド・モルト)を使用。

おすすめは当然ハイボール…。若干薄めた方が甘さが際立ち飲みやすくなりますよ!!

○生産国…英国 スコットランド○メーカー…バカルディジャパン ○原料…モルト/グレーン
○アルコール…40度  ○分類…ブレンデット・スコッチウィスキー
○容量…700ml  ○実勢価格…2,400円~

スコットランドではハイランド、スペイサイド、ローランド、アイラ、キャンベルタウン、アイランズと6地区に蒸留所があり、製造されているモルト原酒には各地区独特の違いがあります。

ブレンデット・スコッチウィスキーのキーモルトとして使用されているのは主にハイランド、スペイサイド、ローランド、アイラの4地区の原酒です。

ハイランド、アイラ地区の原酒はスコッチウィスキー特有のピート香が強くスモーキーで濃厚な味わい、スペイサイド、ローランド地区の原酒は華やかで甘みがある洗練された味わいが特徴です。

今回セレクトしたブレンデット・スコッチウィスキーも素晴らしいものばかりです。

色々と試して自分好みの飲み方を見つけてみましょう!!

小林賢紀

小林賢紀

酒販歴18年。 酒を愛し、酒に愛された男です。 日本酒〜ビール〜ワイン〜ウィスキー…アルコール入っていれば何でも来い!! 酒とロックをこよなく愛する48歳です。

あわせて読みたい