甘い銘柄限定!おすすめのアメリカンウイスキー&おつまみを紹介♪

甘い銘柄限定!おすすめのアメリカンウイスキー&おつまみを紹介♪

甘いウイスキーをお探しならアメリカンウイスキーを試してみてください。

バニラやキャラメルのような濃厚な甘みがあり、きっと気に入ります。

しかし販売されているアメリカンウイスキーは、価格も味わいも様々で悩んでしまうことも。

そこで筆者が飲んだ経験のあるアメリカンウイスキーの中でも、甘い風味を感じる6つのウイスキーを紹介します。

【基礎知識】アメリカンウイスキーとは?

アメリカンウイスキーとは、その名の通りアメリカで製造されているウイスキーです。

内側を真っ黒に焦がすチャーリングを施したアメリカンオーク樽で熟成するのが特徴。

キャラメルやバニラに似た、甘い風味と力強い味わいを楽しめます。

アメリカンウイスキーは8種類

アメリカンウイスキーの種類と特徴は以下の通りです。

種類原料製法など
バーボンウイスキー原料の51%以上がトウモロコシアルコール度数80%以下で蒸溜し、アルコール度数62.5%以下で樽に詰めて熟成させる。2年以上熟成するとストレートバーボンウイスキーと呼ばれる。
テネシーウイスキー原料の51%以上がトウモロコシテネシー州で製造され、蒸溜後にサトウカエデ(シュガーメイプル)の炭でろ過される。アルコール度数80%以下で蒸溜し、アルコール度数62.5%以下で樽に詰めて熟成させる。2年以上熟成するとストレートテネシーウイスキーと呼ばれる。
ライウイスキー原料の51%以上がライ麦原料が違うが、他はバーボンウイスキーと同じ。
ホイートウイスキー原料の51%以上が小麦(ホイート)原料が違うが、他はバーボンウイスキーと同じ。
モルトウイスキー原料の51%以上が大麦麦芽(モルト)原料が違うが、他はバーボンウイスキーと同じ。
ライモルトウイスキー原料の51%以上がライ麦芽(ライモルト)原料が違うが、他はバーボンウイスキーと同じ。
コーンウイスキー原料の80%以上がコーン原料が違うが、他はバーボンウイスキーと同じ。ただし熟成には古い樽もしくは、内側を焦がしていない樽が使用される。
ブレンデッドウイスキーブレンドするういきーによるウイスキーやスピリッツをブレンドしている。ただし2年以上熟成させたストレートウイスキーが20%以上ブレンドされている必要がある。

バーボンウイスキーのジムビームや、テネシーウイスキーのジャックダニエルはお店でもよく見かけるのではないでしょうか。

どちらも甘い風味があり、リーズナブルな価格で購入できるため初心者にもおすすめです。

スコッチウイスキーとアメリカンウイスキーの違いは原料

スコッチウイスキーの原料は大麦麦芽(モルト)で、アメリカンウイスキーはトウモロコシ・ライ麦・大麦など穀類が使用されています。

大麦麦芽を使用したアメリカンウイスキーもありますが、日本ではほとんど出回っていません。

コスパの良さもアメリカンウイスキーに軍配があがります。

なぜならスコッチウイスキーよりも、アメリカンウイスキーのほうが熟成期間が短いため。

だからと言って、アメリカンウイスキーは熟成が不十分という訳ではありません。

ウイスキーを熟成する環境が異なり、アメリカンウイスキーのほうが速く熟成します。

アメリカンウイスキーは熟成が短く済むぶん大量生産向きで、コスパがよく気軽に楽しめます

アメリカンウイスキーは女性や初心者に大人気

アメリカンウイスキーは原料のベースがトウモロコシなので、甘い風味が残ります。

熟成する際に使用する樽から溶出するタンニンは苦味や渋味がありますが、2年以上の熟成でまろやかになり旨味へと変化。

バニラ・キャラメル・チョコレートに例えられるような甘いフレーバーのウイスキーに仕上がります。

アメリカンウイスキーの中でも、わかりやすい甘みがあるのはバーボンウイスキーやテネシーウイスキー

最近では、リンゴフレーバーやハチミツフレーバーのアメリカンウイスキーも販売されており、女性や初心者の人気を集めています。

【初心者にぴったり】甘くて飲みやすいアメリカンウイスキー6選

筆者が飲んだ経験のあるアメリカンウイスキーの中でも、強い甘みを感じた逸品を紹介します。

ウイスキーを飲んだ経験のある方なら「コレがウイスキーなの!?」と驚いてしまうほど飲みやすいので、ぜひお試しください。

カントリーミュージックをBGMに、アメリカン気分を楽しめます。

ハチミツの甘い香りに包まれる「ジムビーム ハニー」

created by Rinker
¥1,760 (2022/08/11 13:48:45時点 楽天市場調べ-詳細)

本当にウイスキーなのか疑ってしまうほどの甘さを楽しめます。

正直なところ、スモーキーなウイスキー好きの筆者には甘すぎて飲み切れませんでした。

しかし、家飲みで集まった時は女性に大人気

アルコール度数は35%、ロックやハイボールで飲むとアルコールの強さを感じず、甘い味わいを堪能できます。

おつまみとして用意していた、いぶりがっこやせんべいが真っ先になくなりました

甘いものの後には塩味が恋しくなりますからね。

甘さと塩気のループで気持ちよく酔っ払えるウイスキーです。

ハチミツ×メープルの最強タッグ「ジャックダニエル テネシーハニー」

メープルの風味があって、すっきりとした甘みを感じるアメリカンウイスキーです。

ロックやハイボールが飲みやすいですが、ぜひストレートに挑戦してもらいたいウイスキー

グイっとあおるように飲まず、唇についたウイスキーを舐めとるようなイメージで飲んでみてください。

アルコール度数35%なので、飲みにくさがなく、するりと飲めます。

チェイサーに炭酸水を用意するのがポイントです。

甘みで口の中がもたれる場合がありますが、炭酸水を飲めばすっきりできます。

ビーフジャーキーをお供にお楽しみください。

ダブル熟成の自然な甘み「ジムビーム ダブルオーク」

熟成に使用した樽由来の自然な甘みと力強い味わいのウイスキーです。

グラスから漂うオークの香りと甘い香り、口に含んだ瞬間に広がる穏やかな甘み。

筆者はストレートで飲むのが好きですが、初心者ならトワイスアップがぴったり。

トワイスアップはウイスキーと同量程度の水をグラスに注ぐ飲み方。

アルコール感が薄れてウイスキーの風味が引き立ちます。

ダブル熟成の濃い味わいにはクリームチーズが相性抜群

とろりとしたチーズがウイスキーと混じり合って、口福感を堪能できます。

メープルの優しい甘み「ジャックダニエル ジェントルマンジャック」

テネシーウイスキーの甘さの決め手、メープルの炭によるろ過を2度行ったアメリカンウイスキーです。

優しい甘みがありますが、驚いたのは圧倒的な飲みやすさ。

ひと口含むと広がるフルーティな甘みと、余韻として残るふわりとした甘みはまさに絶品。

製法が特殊なため生産量が限られているレアなウイスキーですが、3,500円ほどで手に入るリーズナブルさが嬉しいポイントです。

筆者が飲んだ時は、おつまみを買い忘れてポテチ(うすしお)しかありませんでしたが、意外によく合いました。

プレミアムながらコスパに優れるジェントルマンジャックは、ぜひ一度味わって頂きたい逸品です。

熟成によるまろやかな甘み「ワイルドターキー 8年」

created by Rinker
¥2,948 (2022/08/11 23:31:39時点 楽天市場調べ-詳細)

歴代米国大統領も愛飲したプレミアムバーボンウイスキーです。

ワイルドターキーのラインナップの中でも、親しみやすい味わいとコスパの良さのバランス感が光ります。

熟成が速く進むバーボンウイスキーは8年以上の熟成は難しいとされる中、熟成に成功した職人の腕は確かなもの。

ガツンとくる力強さの影に、しっかりとした甘みと芳醇な香りを感じます。

アルコール度数50%のキツさを感じさせない自然な甘み、熟成による重厚感のある飲み心地はステーキとぴったり。

特に牛モモ肉のような赤身肉がおすすめです。

ワイルドターキーの繊細な味わいとお肉の旨みをたっぷりと楽しめます。

ビターチョコが合うオトナの味わい「ウッドフォードリザーブ ダブルオーク」

アルコールの刺激が少なく、トウモロコシやライ麦の芳醇なコクを楽しめます

カクテルベース用のウイスキーとしても人気のある1本です。

伝統製法にこだわった手作りのスモールバッチ(少量生産)で、熟しきったフルーツや濃厚なキャラメルのような甘みに仕上がっています。

カクテルで楽しむなら「Eggnog(エッグノッグ)」が手軽です。

泡立てた卵・ラム15ml・ウイスキー30mlに、適量の砂糖と牛乳を合わせてよくシェイクします。

クリスマスでも使える甘い一杯は、デザート酒としてもぴったりです。

アメリカンウイスキーに合うおつまみは?延々と飲みたくなる一品を紹介

アメリカンウイスキーに限りませんが、おつまみがあればもっと美味しく楽しめます。

ウイスキーと相性のいいおつまみは、互いの味わいを引き立たせてくれます。

それでは、アメリカンウイスキーと相性のいいおつまみを紹介します。

アメリカンウイスキーの鉄板おつまみ!ヘルシーな「ビーフジャーキー」

アメリカンウイスキーと言えばビーフジャーキー

赤身が使用されていてヘルシーなので、罪悪感を抱えずに楽しめます。

誰でも簡単にできるアレンジ方法があるのも魅力です。

例えばチリペッパーを使った簡単アレンジ

ビーフジャーキーを食べやすい大きさにちぎったら、チリペッパーソースをかけて電子レンジでチンすると完成です。

刺激的なチリペッパーの辛味でハイボールが止まらなくなります。

身体が内側から暖まるので、寒い季節にもおすすめです。

きゅうりとアメリカンウイスキーは相性抜群「きゅうり×マヨネーズ」

アメリカンウイスキーの甘く力強い味わいには、マヨネーズの酸味ときゅうりの爽やかな味わいがぴったり

きゅうりを切って、マヨネーズと一緒に盛り付けるだけで簡単に作れます。

盛り付ける際に、一味唐辛子とまぜた辛子マヨ・味噌マヨなども一緒に盛り付けると味変も手軽。

人参と一緒にプレートに並べると、とってもおしゃれな見た目になりますよ。

甘いウイスキーのおつまみならビターが必須「カカオ70%」

ハニーフレーバーのアメリカンウイスキーならビターチョコがおすすめ。

ビターな味わいが、ウイスキーの甘みを引き立ててくれます

チョコだけでは物足りないと感じたら、ナッツやサラダチキンを一緒に盛り付けてみましょう。

食感や味わいの違いを楽しみながらウイスキーを飲めば、一晩中だって楽しめます

甘い味わいのアメリカンウイスキーなら初心者も女性も楽しめる♪

ウイスキーが初めてなら、甘さ重視で飲みやすいハニーフレーバー系アメリカンウイスキーがおすすめです。

しかし、スコッチウイスキー好きならウッドフォードリザーブやジムビーム ダブルオークがおすすめ。

アメリカンウイスキーは甘い風味と味わいがあるため、きっと気に入ります

まずはハイボールでお手軽に楽しんでみてください。

コラムカテゴリの最新記事