~一足早く春爛漫~3月のお酒♪花見酒の上善如水 純米吟醸

  • 2015.03.19
~一足早く春爛漫~3月のお酒♪花見酒の上善如水 純米吟醸

「今宵は何を呑もうかな?」

迷う楽しみっていうのもいいモノですが、「今は黙ってこれ呑んどけ!」って壁ドンされるのも悪くないんじゃありませんか?

上善如水3月の酒_正面

ま、ドンはされませんけど、「12ヶ月の上善如水」のシリーズから、「今月はコレ!」と月ごとに期間限定のお酒が発売されます。毎月恒例として、3月のお酒「花見酒の上善如水 純米吟醸」をいただくことにします♪楽天市場内のオフィシャルショップで購入。

この「12ヶ月の上善如水」のシリーズは、どれもボトルが可愛らしいのですが、今回の「花見酒の上善如水 純米吟醸」も、花柄でありながらシックなデザインが素敵です。

開栓してみると…わたしの頭の中がお花畑なのでしょうか、まるで春風のように感じられました。さて、お味のほうは?…と期待しての一口目。

「あら!?あま~い!」というのが第一印象、驚きと共に。いつもの上善如水らしさと、ちょっと違います。

上善如水 オフィシャルショップに書かれている説明文を改めて読んでみると…

上善如水3月の酒_説明ラベル

白瀧酒造では珍しい濃醇で旨口タイプの純米吟醸酒。熟成感のある香り、まろやかに広がる美味しさが特長です。

白瀧酒造では珍しいのですね、濃醇な旨口タイプ。この甘くてこっくりした味は、日本酒ビギナーのわたしにも違いがわかりました。

さらに、オフィシャルショップの情報によると、合うお料理は「生ハムの手まり寿司」とのこと。
「生ハム」でも「手まり寿司」でもなく、「生ハムの手まり寿司」と指定してるところに、何かを感じません?

もしかして…手まり寿司を重箱に詰めれば、「お花見弁当」になるからでしょうか?!生ハムの手まり寿司なら、桜色ですし。

お花見しながら、桜色の手まり寿司、そして純米吟醸の花見酒…そういった演出も計算されているのではないかという推測を抱きつつ、自分で作った手まり寿司とともにお酒をいただきます。

上善如水3月の酒_料理と

「花見酒の上善如水」に、生ハムの手まり寿司。たしかに最高です。
スモークサーモンの手まり寿司も合いました。
きゅうり+クリームチーズ+しその手まり寿司も、一瞬、瞳孔がカッと開くくらい美味しく、お酒に合いました。

聞いた話によると、甘味・酸味・苦味・塩味・旨味の要素が揃うと、人間は「美味しい」と感じるそうです。

日本酒には甘味・酸味・苦味・旨味が備わっていて、足りないのは塩味。日本酒には塩が効いた肴が合うのはそういった理由…という話を不意に思い出すくらい、塩味との相性が絶妙です。

我が家の定番、アスパラガスのおひたしも用意してみました。

食べやすい大きさに切ったアスパラガスをレンジで温めて、鰹節とめんつゆをかけただけの簡単&ヘルシー&疲労回復メニューですが、残念ながらこのお酒には今ひとつ合わなかったかも。めんつゆの甘みが、お酒の足をひっぱってしまった気がします。やっぱり塩味が重要のよう。

いや、正直に言うと、わたしはこのお酒に肴はなくてもいいです。もちろん、手まり寿司も合うけれど。
一口ごとに「美味しい」って味わいながら、じっくり呑み続けたい。

無色透明で、雪解け水みたいに凛とした美しい液体が、こんなにも心をじんじん震わせる味と香りを秘めているなんて。
すっかり花見酒に酔いしれ、わたしは一足早くぽっかぽかの春爛漫♪

上善如水3月の酒_ラベル

花見酒の上善如水 純米吟醸

蔵元:白瀧酒造株式会社
精米歩合:60%
アルコール度数:16度以上17度未満
原材料名:米・米こうじ ( 国産米100%使用 )

 

カテゴリの最新記事