10月10日は【紀文・いいおでんの日】その由来とペアリングしたいお酒をご紹介

10月10日は【紀文・いいおでんの日】その由来とペアリングしたいお酒をご紹介

10月10日は紀文・いいおでんの日です。

より多くの人におでんの美味しさを味わってもらいたいという想いから、株式会社紀文食品が制定し、日本記念日協会により認定されました。

日付は、おでんの本格的な季節になるのが10月であることと、10月10日の数字を並べ直すと「1(い)1(い)0(お)0(でん)」と読めることに由来しています。

おでんとは

鍋料理の一種で、鰹節と昆布でとった出汁(だし)に味を付け、様々な具材を入れて長時間煮込みます。

おでん種としては、薩摩揚げ、はんぺん、焼きちくわ、つみれ、こんにゃく、大根、芋、がんもどき、牛すじ、ゆで卵、厚揚げなどがあり、おでん種、つけだれの種類は地域や家庭によって異なります。

おでんの名称は「おでんがく」の略語で、その語源は田楽と言われています。

様々なご当地おでん

では次に、お取り寄せ可能な全国各地のご当地おでんをご紹介していきましょう。

最初のおでんは「静岡おでん」です。

静岡おでんの特徴として真っ先に挙げられるのが、その真っ黒なスープ!

出汁には牛スジ肉が使われているのだとか。

定番の具は、黒はんぺん、牛スジやモツといったお肉、コンニャクや大根、卵などで、好みで青海苔や魚粉をかけるのが一般的です。

静岡には静岡おでん横丁というおでん街があるそうなので、訪れておでん屋さんをはしごしてみたいものです。

次は、名古屋風おでんです。

created by Rinker
紀文
¥4,790 (2022/12/05 16:11:28時点 Amazon調べ-詳細)

こんにゃくや大根など、おでん具材を鰹だしベースの甘い赤味噌で煮込んだ料理で、八丁味噌と砂糖の甘味が混ざり合った非常に濃厚な味わいです。

赤味噌文化が根付く名古屋のソウルフードですね。

次は金沢おでんです。

金沢おでんは、出汁が効いたやさしい味わいのおでんです。

具材には、車麩、赤巻(赤と白の渦巻きが美しい歯ごたえのあるかまぼこ)、ふかし(かまぼことはんぺんの中間のような練り物)、バイ貝、カニ面、金沢春菊、源助大根などの金沢らしい食材が使われています。

行ったことのない地域のおでんを取り寄せて、旅気分を楽しむのもいいですね。

おでんとお酒のペアリング①牛すじ

続いて、おでん種別にペアリングしたいお酒をご紹介していきましょう。

最初のおでん種は牛すじです。

とろとろ・もちもちの牛すじがしっかりとお出汁を吸い込んでおり、美味しいですよね。

合わせたいお酒はしっかりとした赤ワイン。

「シャトーヌフ デュ パプ トラデション ルージュ ファーゲェロール」がおすすめです。

シャトーヌフ デュ パプは、南フランス、ローヌ地方の主要都市アヴィニョンの北部に位置する歴史あるアペラシオンです。

「法王の新しい城」を意味し、ローマにあった教皇庁が14世紀にアヴィニョンに移転され、法王ヨハネス22世がアヴィニヨンのすぐ北のシャトーヌフ デュ パプに、別荘を建てたことに由来します。

グルナッシュ、シラー、ムールヴェードル、サンソーなど13種類ものブドウ品種の使用が認められているのが大きな特徴。

ソムリエ試験の時に覚えたことを必ず思い出すワインです(笑)

シャトー・ファーゲェロールは、シャトー・ヌフ・デュ・パプの中でも最古の生産者の一つとして知られています。

ワイナリーはアぺラシオンの中心部に位置しており、最高の土壌を有しています。

醸造は古くからの製法を続けており、近代的な技術を使用しながら、収穫は手摘みで選別は慎重に行われるなど、伝統的な方法を尊重した醸造が行われています。

甘いスパイスとブラックチェリーの香りがあり、ストロベリー、プラム、タイムのフレーバー、程良いタンニンが感じられます。

深みと複雑味を感じさせるバランスの取れた味わいが魅力です。

おでんとお酒のペアリング②練り物

続いてのおでん種は練り物です。

練り物には魚介の旨味が凝縮しているので、ミネラル感のある白ワインがぴったり。

おすすめしたいのは、「シャトーラインハルツハウゼンリースリングセミ―ドライ」。

ラインハルツハウゼンは、1337年に設立のドイツ・ラインガウ地域に位置する、国際的にも高い評価を獲得しているワイナリーです。

リースリング100%のこのワインは、アプリコット・ピーチ・青りんごのようなアロマがあり、生き生きとした酸・ミネラル・果実味が特徴的。

シーフードとの相性はお墨付きなので、練り物との相性も推して知るべしです!

おでんとお酒のペアリング③大根

最後のおでん種は大根。

米の旨味が強い、日本酒「立山 無濾過大吟醸 愛山」を合わせてみてはいかがでしょうか?

created by Rinker
¥5,661 (2022/12/05 17:07:18時点 楽天市場調べ-詳細)

こちらを手掛けるのは、富山県砺波市の蔵元 立山酒造で、1830年創業の北陸でも屈指の日本酒メーカーです。

「立山 無濾過大吟醸 愛山」は、希少な酒造好適米「愛山」を100%使用した大吟醸。

無濾過ならではの芳醇な香りが華やかで、米の旨みが極限まで引き出された、品のあるなめらかな味わいが楽しめます。

段々と涼しくなってあたたかい食べ物がおいしい季節となりました。

様々なタイプのおでんとお酒とのお気に入りのペアリングを見つけてみてはいかがでしょうか。

今日は何の日カテゴリの最新記事