「しっかりいい朝食の日」は朝からビールを楽しもう!

「しっかりいい朝食の日」は朝からビールを楽しもう!

4月11日はしっかりいい朝食の日です。

【し(4)っかりいい(11)朝食】の語呂合わせから、カルビーが販売しているグラノーラをPRすることを目的に制定しました。

世界ではどんな朝食を食べているの?

朝食

日本の朝ご飯といえばご飯、味噌汁、鮭の塩焼きなどが思い浮かびますよね。では世界各国の朝ごはんはどんなものを食べているのか紹介しましょう。

アメリカ:シリアルやグラノーラ
アメリカの朝ごはんといえばシリアルやグラノーラが定番です。ミルクをかけたり、好みでフルーツをトッピングして食べたりしています。

イギリス:イングリッシュブレックファースト
イギリスといえばイングリッシュブレックファーストです。オムレツ(もしくは目玉焼き)、ウインナー、ベーコン、豆のトマト煮込み、などがワンプレートになっており、これとパンなどを食べるガッツリ系の朝食です。

フランス:パンオショコラ
フランス語で朝食は「プチデジュネ(小さな昼食)」という意味で、朝ごはんというより昼ごはん前に軽食を食べるといった風に捉えています。そのため、ガッツリ食べずにクロワッサン生地にチョコを挟んだパンオショコラを食べるのが一般的です。共働きが主流のフランスではあまり朝食に時間をかけられないので、サクッと食べられる物が人気となっています。

スペイン:朝食が2回(1回目:トーストとコーヒー 2回目:サンドウィッチとコーヒー)
スペインでは朝食を2回取っています。というのもランチタイムが14時以降と遅いため、朝食を2回に分けて食べています。
1回目はトーストした食パンやクロワッサンとコーヒー、2回目はサンドウィッチ、もしくはボカタというハムやチーズをバケットに挟んだものを仕事の休憩がてら食べるのが一般的です。

韓国:おかゆと常備菜
韓国では朝食は1日の始まりとされているのでしっかり食べる人が多い傾向があります。白米をスープで煮たおかゆが基本で、それとおかずを4品ほど食べています。おかずはキムチはもちろん、ナムルやチャプチャなどが一般的です。また、平日の朝は忙しいのでキムチやナムルなどは常備菜として置いているので、それを食べています。

朝ビールは最高!

幸い本日(4月11日)は日曜日なので休日の方が多いのではないでしょうか。

そんな時は朝からビールを飲みませんか?普段は夜しか飲めないビールを朝に飲むことで特別な休日感を得られますし、ストレス発散にもなりますよ。

そんな朝におすすめのビールを紹介します。

ヴァイツェン|箕面ビール

大阪で作られているクラフトビールです。何杯でも飲みたいヴァイツェンビールを作りたいという思いから作られました。バナナやクローブを思わせるフルーティーで優しい朝にぴったりな優しい味わいです。

ホワイトベルグ|サッポロビール

created by Rinker
¥3,410 (2021/05/15 09:09:06時点 楽天市場調べ-詳細)

コリアンダーシードとオレンジピールを使用しているのでフローラルな香りと柑橘系の爽やかな香りのするほんのり甘いビールです。朝でも飲みやすい優しい味わいでリーズナブルな価格でもあるのでお財布にも優しいですよ。

今回紹介したビールはアルコール度数も5%と高くないのでほろ酔い程度で済むのでおすすめです。朝ビールは少し背徳感もありますが、たまにはそんな非日常なことをして休日を楽しみませんか?

今宵の酒カテゴリの最新記事