ひやおろし

これが本当の「ひやおろし」秋の味覚に合う上善如水 9月の酒

小料理屋の前で、「おでん はじめました」の文字を目にしたときと同じように、酒屋で「ひやおろし 入りました」の走り書きを見ると、季節の移ろいに胸がときめきます。 ひやおろしとは、春にできたお酒を貯蔵前に火入れ(低温殺菌)し、夏の間、涼しい蔵で寝かせ、秋になり外気が冷えてから生詰め(2度目の火入れをしない)で出荷するお酒です。 が、最近は、「ひと夏寝かせたお酒」をひやおろしと呼ぶ傾向もあり、2度火入れ […]

お酒の季節の前夜祭「純米吟醸 南方 ひやおろし」

夏の終わりに、なじみの酒屋さんの店頭で「ひやおろし」の文字を見つけました。 ひやおろしとは? 冬にできた新酒を、火入れ(加熱殺菌)し、涼しい蔵で貯蔵。暑い夏が過ぎて涼しくなった頃、出荷前の加熱殺菌をせずに(←通常はする)卸すのが「ひやおろし」です。お酒が好きな人にとっては秋の風物詩。できたてのお酒とは違う、熟成された風味が魅力です。 秋と呼ぶにはまだちょっと早い時期、いの一番に店頭に並んだ、「純米 […]

9月8日中秋の名月…秋限定のお酒で月見酒しよう!

来る9月8日は、中秋の名月、十五夜さん。酒好きとしては、「月見酒」なんて大人の愉しみ方をしたいところ。 さて、月を仰ぎながら呑むお酒はなににしよう…? 大人の愉しみ「月見酒」は、秋の風物詩「ひやおろし」で♪ ビールに秋限定の季節商品があるように、日本酒にも秋限定のお酒があること、ご存知でした?「ひやおろし」と呼ばれている生詰め酒は、まさに今、秋口限定のお酒。(わたしは知りませんでした。) 「ひやお […]

長く愉しむ技術と「旬」を愉しむ和心…秋のひやおろし

お風呂あがりの一杯に至福を感じる、酔いどれ女子です。日本酒検定を目指し、今日も真面目に呑んでいます。 日本酒は二度、湯につかる…「火入れ」 さて、「ドラえもん」のしずかちゃんは一日に3回お風呂に入るそうだけど、日本酒も製造過程の中で、2回も湯につかるとのこと。 これは「火入れ」と呼ばれている作業で、目的は殺菌、それから風味を安定させるため。 「火入れ」で異なる日本酒の種類…秋の風物詩「ひやおろし」 […]

オエノングループ、季節限定清酒「純米吟醸 越の華 ひやおろし」を発売

オエノングループの越の華酒造株式会社は、季節限定の清酒「純米吟醸 越の華 ひやおろし」を9月9日(火)に全国で発売する。 “ひやおろし”とは、厳寒期に仕込んだ新酒を熟成させ、円熟味が増したところで出荷する清酒のことで、新酒とは違った熟成した旨みとまろやかさが特長。 「純米吟醸 越の華 ひやおろし」は新潟県産米を100%使用しており、ひと夏を経た熟成したまろやかさ中に、純米吟醸酒ならではの上品で華や […]