「達磨正宗」のビンテージ古酒と新酒で昭和~平成~そして令和に乾杯!

達磨正宗

合資会社白木恒助商店は、5月13日(月)より、ビンテージ古酒と新酒をセットにした「達磨正宗 時代 昭和~平成~令和 Vintage Collection」を販売する。

内容は、昭和46年(1971年)当蔵が古酒に取り組み始めた最初の年の1本、平成元年(1989年)~平成30年(2018年)のビンテージ古酒を各種1本 (計30本)、そして、令和元年、5月1日に瓶詰めする新酒1本(計32本、税抜30万円)のセット。

付属品は、専用高級グラス2脚、桐箱 (vol.1とvol.2 計2箱)、コレクションブック 1冊と田崎真也氏の推薦状1枚。

お酒を長年熟成させた古酒は、鎌倉時代にまでさかのぼる由緒正しいもの。その後、明治時代から昭和の戦中にかけて戦費調達を目的に酒税の取り立てが厳しさを増したため、次第に姿を消していった。

そんな中、白木恒助商店が昭和46年から着手したのが、こうした古酒造りだ。試行錯誤の末、美しい色と深い味わいのビンテージ古酒を完成している。

それぞれのビンテージ古酒の裏ラベルには、その年の出来事を掲載。昭和、平成を生きてきた私たちが、それを見ながら新しい時代「令和」への思いを語り、懐かしい思い出や時代を振り返りながら、お酒を味わってみるのも一興だ。

関連サイト

「達磨正宗」公式サイト

出典元:白木恒助商店プレスリリース

あわせて読みたい