キリンとイオン、ワインのライト化を反映し「キリンしゅわわ ほのかに甘い赤ワインタイプなど」新発売

キリンしゅわわ

キリンビール株式会社とイオン株式会社は、ワインRTD「キリンしゅわわ ほのかに甘い赤ワインタイプ/すっきり爽快な白ワインタイプ」の2品を共同開発した。4月7日より全国のイオングループ各社の酒類取り扱い店舗にて先行発売される。

昨今、RTDやワインの市場は拡大しているが、ワインについて言うと、「ボトルワインは量が多すぎて飲めない」「アルコール度数が高いため、次の日のことを考えると選択しない」と感じる人もいるという。

また、世界的に、酒類やワインのライト化が進んでおり、特に欧米では、フレーバードワイン、低アルコールフルーツワイン、ノンアルコールワインなど、新しい需要が生まれている。

こうした動きの中でタッグを組んだのがキリンビールとイオン。”ワイン”が持つ味わいや上質さを残しつつ、”RTD”の飲みやすさと気軽さを兼ね備えた新しい”ワインRTD”「キリンしゅわわ」を共同開発した。

コンセプトは「時間が気になる人が嬉しい、平日のハッピーワインRTD」。平日でも気軽に飲めるよう、適度な量の250ml缶で、心地よい酔いが感じられるアルコール5%とした。

これで平日に安心して飲める人も多いと思われる。
爽やかで軽いワインRTDで、明日への活力が養われるに違いない。

出典元:キリンビール株式会社

あわせて読みたい