ほろ酔いを楽しみつつ美肌が手に入る!?美容に効果アリのお酒とは?

ほろ酔いを楽しみつつ美肌が手に入る!?美容に効果アリのお酒とは?

お酒を飲むだけでも楽しいですが、美容にいいお酒があると、さらに嬉しいですよね。

今回は、美肌効果を得られるお酒を紹介します。

「日頃のストレスはお酒を飲んで解消!」という方は、ぜひご参考ください。

きっとツルスベ美肌が手に入ります。

美肌効果に期待できるお酒とは?

ワインに含まれるポリフェノールは、美容に効果のある成分として耳にした経験のある方が多いのではないでしょうか。

しかし赤ワインと白ワインでは、含まれるポリフェノールの種類が異なるため、期待できる効果も違う点に注意が必要です。

ワインを代表として、美容効果に期待できるお酒を紹介します。

美容効果のあるお酒1.若々しい肌を保つ「赤ワイン」

赤ワインのポリフェノールに期待できるのはアンチエイジングです。

アントシアニン・タンニン・カテキン・レスベラトロールなどのポリフェノールが含まれ、お肌を整えます。

さらに活性酸素の抑制効果もあり、若々しくみずみずしいお肌を手に入れたい方にぴったり。

赤ワインは白ワインに比べて苦味や渋みが目立つかもしれません。

しかし、お肌にとってはとてもいい成分ですので、まだ試した経験のない方もぜひお試しください。

美容効果のあるお酒2.体を内側から美しくする「白ワイン」

白ワインには、赤ワインほどのポリフェノールは含まれていません。

赤ワインのポリフェノールは、ぶどうの皮や種に多く含まれますが、白ワインは皮や種は取り除かれて製造されるためです。

そのかわり、白ワインには乳酸をはじめとする豊富な有機酸が含まれ、腸内環境を整える効果に期待できます。

腸内環境が悪ければ、肌荒れによってメイクのノリが悪くなってしまいます。

さらに老廃物がスムーズに排出されず、ダイエットがなかなか成功しないケースも。

白ワインで、身体の内側からキレイを目指せます。

美容効果のあるお酒3.お肌のバリア機能を高める「日本酒」

日本酒の旨味に含まれるアミノ酸には、角質内の水分や油分を保持する効果があり、お肌のバリア機能を強めるはたらきに期待できます。

さらに、日本酒には飲むだけでダイエット効果があるという研究データも。

アメリカで行われた研究によると、女性が毎日1~2杯の日本酒を飲んだだけで、約2kgの減量に成功しています。

お肌のバリア機能を高めてダイエットもできる日本酒は、まさに万能薬ですね。

飲むだけ簡単!お酒で美肌を手に入れる3つのポイント

美肌やダイエットのためにお酒を我慢するのはいいですが、我慢のしすぎはいけません。

日頃のストレスにお酒を我慢するストレスが加わると、肌荒れの原因になりかねないためです。

そこで、お酒で美肌を手に入れるためのポイントを紹介します。

ポイント1.乾杯は「ハイボール」がおすすめ

ウイスキーは糖質が少なく、美白効果に期待できる「レオニレシノール」が含まれるのが特徴です。

ビールにも美容に効果のある成分が多く含まれますが、糖分を多く含み、高カロリーなのがネック。

ウイスキーはちょっと飲みすぎても、低糖質のため罪悪感を感じる心配もありません。

お酒初心者におすすめなのは、原料の半分以上がコーンで、甘やかな味わいが特徴のバーボンウイスキーです。

中でもジムビームはリーズナブルで飲みやすいため、ぜひお試しください。

ポイント2.甘いチューハイは控えて「マッコリ」を飲む

マッコリは乳酸菌飲料のような親しみやすい味わいと、100mlあたり50kcalと低カロリーなのが特徴です。

注目すべきは、他のお酒に比べて圧倒的な乳酸菌の数と食物繊維が豊富な点。

マッコリには、乳酸菌はヨーグルト100個以上に相当する700~800億個が含まれ、構成成分の10%が食物繊維です。

発酵食品王国の韓国が生み出したマッコリは、カロリーをおさえつつ腸活できるのが魅力。

お手軽さでは缶チューハイに敵いませんが、お肌を整える効果はマッコリのほうが優れています。

マッコリは様々なメーカーから販売されていますが、筆者が良く飲むのは眞露のマッコリです。

韓国ドラマに登場するチャミスルよりもアルコール度数が低く、飲みやすいのでおすすめです。

created by Rinker
¥490 (2022/12/01 03:49:05時点 楽天市場調べ-詳細)

ポイント3.お酒を飲む時はおつまみも一緒に

おつまみはアルコールによる胃への刺激をやわらげ、お酒の美容効果を増長する作用があります。

代表的なおつまみは以下の3つ。

  • 栄養価が高く、ダイエット中の方にもおすすめの「ナッツ」
  • 低脂肪高たんぱく、幅広いお酒と高相性の「ビーフジャーキー」
  • 低カロリーで食べ応えのある「お豆腐」

お酒と一緒に楽しむと、互いの味わいを引き立たせたうえで、美容効果に期待できます。

美味しい&美肌ゲットの一石二鳥を目指したい方にぴったりです。

ヘルシーなおつまみやおつまみレシピは下記記事で紹介しておりますので、あわせて参考にどうぞ。

美肌のために気を付けたい、お酒を飲む時の注意点とは?

お酒は美肌に効果的ですが、場合によっては逆効果になることも。

お酒と過ごす楽しい時間を後悔しないためにも、注意点を守って楽しみましょう。

きっと美肌効果で女子力アップできますよ。

お酒を飲むときの注意点1.飲みすぎは肌荒れのもと

お酒の飲みすぎは美肌の大敵。

適量のめやすとなるのは酔い加減です。

ろれつが回らない、千鳥足になってうまく歩けない状態は飲みすぎの証拠。

お酒には美肌効果のある成分が豊富ですが、飲みすぎは良質な睡眠を妨げ、新陳代謝が落ちる原因になりかねません。

さらに飲みすぎが日常的になると、成人病のリスクもあるため注意が必要です。

お酒は限度を守って楽しく飲んで、つるもち美肌を手に入れましょう。

お酒を飲むときの注意点2.体を冷やすと血行不良に

ビール・ハイボール・カクテルなど、冷やして楽しむお酒が多いため気をつけましょう。

血行不良が長く続くと冷え性の原因になりますし、同時に新陳代謝が悪くなり、お肌の再生機能がうまくはたらかなくなります。

体が冷えないよう、夏でも薄手のひざ掛けを用意しておくのがベストです。

暑いのが苦手な方は、常温ハイボールやエールがおすすめ。

常温ハイボールはウイスキーの甘やかな香りが引き立ちやすく、エールは13度くらいでホップの芳醇な香りが最大限引き出されます。

エールをお得に楽しめる定期便については下記記事で詳しく紹介しています。

お酒を飲むときの注意点3.水分不足は便秘の原因

お酒には利尿作用があるため、水分はしっかりと補給しましょう。

水分補給には、体を冷やさないために常温の水またはスポーツドリンクがおすすめ。

特にポカリスエットは公式ホームページで「お酒を飲んだ時におすすめ!」と明言しているので安心です。

「お酒とスポーツドリンクを一緒に飲むと酔いが回りやすい」という噂は事実ではありません。

むしろ、水よりもスポーツドリンクのほうがミネラルのほか、水分不足を補いやすい成分を多く含んでいます。

飲んだ次の日は便秘で苦しまないよう、水分補給をしながらお酒を飲んでくださいね。

お酒でストレス解消!ついでに美肌も手に入る♪

仕事や人間関係など、誰しもがたくさんのストレスを抱えているのではないでしょうか。

「ちょっとキツい」と思ったときには、息抜きにお酒を楽しみましょう。

お酒でストレス解消と美肌効果の両方が手に入ります。

お酒の雑学カテゴリの最新記事