【5月10日はリプトンの日】紅茶のお酒で優雅な時間を

【5月10日はリプトンの日】紅茶のお酒で優雅な時間を

紅茶って美味しいですよね。

ストレートティーにしてもミルクティーにしてもレモンティーにしても美味しい紅茶。

今ではペットボトルでも茶葉でも販売されていて手頃に飲めて色々な味が出ていますよね。

今日は5月10日。

今回はそんなレパートリーの沢山ある紅茶の小話と共にこの日にちなんだお酒を紹介します!!

今日は何の日?

今日はリプトンの日です。

この日は世界最大の紅茶ブランドであるリプトン(Lipton)を展開するユニリーバ・ジャパン株式会社が制定。

同社は紅茶の生産から販売までを手がけ、さらには品質の高い紅茶を手軽な価格で提供している紅茶の買付けで世界シェアナンバーワンの企業です。

イギリスの紅茶ブランドであるリプトンの創業者は、スコットランド・グラスゴー生まれのトーマス・リプトンです。

1871年のこの日に、トーマス・リプトンは、食料品店「リプトン・マーケット」第1号店をグラスゴーでオープンさせたのがきっかけ。

また、この日はトーマス・リプトンの誕生日でもあり、上質な紅茶を楽しむ日とされています。

誰しも飲んだ事がある紅茶メーカの創業者の誕生日が記念日になるなんてすごいですね!!

リプトンの紅茶はやっぱりどれの種類も美味しいですので、気になるフレーバーがあったら試してみて下さい。

この日にちなんだお酒

今の時代、紅茶もお酒に早変わりする時代です。

そう、紅茶リキュールを炭酸水で割って飲むアイスティーサワーに。

居酒屋で飲んだ事があると思いますが、紅茶にさっぱりした炭酸水が合わないわけがありません!!

そんなアイスティー、自宅でも作る事が出来ますよ。

これは試すしかありませんね。

ここからは美味しいアイスティーサワーの作り方を教えちゃいます。

まず、今回使うリキュールはティフィンです。

created by Rinker
フォション
¥2,242 (2021/09/27 01:32:01時点 Amazon調べ-詳細)

《材料》

ティフィン 30ml
炭酸水 お好みの量

材料はこれだけです。

《作り方》

1 ティフィンを氷の沢山入ったグラスに60ml入れる。
2 お好みの量で炭酸水で割る

以上!!

これだけの手順になります。

誰にでも簡単に出来ますので、紅茶サワーが飲みたくなった時にはすぐにお好みの濃さで作ることが出来ますよ。

アレンジをしたい方はガムシロップを注いだり、カットレモンを入れてティフィン・レモンティーサワーにしたり、炭酸水を牛乳に変えてティフィン・アイスミルクティーに、さらにはフルーツを入れてティフィン・フルーツティーにまで!!

アレンジの幅が広いため、自分の好きな様にアレンジして飲み比べをしてみるのもおすすめです。

もちろん、茶葉やティーパックからでも作ることが出来ます。

その場合は、

《作り方》

1 お湯を温めた後に、ティーポットに入れた茶葉やティーパックにお湯を注ぎ、蓋を閉めて1分蒸らす。
2 氷を沢山入れたグラスに、60mlの紅茶を注ぐ。
3 好みの焼酎を30ml、炭酸水を30ml注ぐ。

これで出来ます!!

分量は一緒なので、そこに焼酎を加えれば出来上がりです!!

いかがでしょうか?

自宅で居酒屋やBarで飲めるアイスティーサワーが出来ますよ。

飲み物だけではなく、アイスやチョコにかけても美味しいのでデザートのお供としても役立ちます。

この日は紅茶の良い香りを楽しみながら優雅にアイスティーサワーを飲んでみませんか?

今宵の酒カテゴリの最新記事