芋栗南瓜の季節到来!かぼちゃのお酒を味わおう

芋栗南瓜の季節到来!かぼちゃのお酒を味わおう

10月に入り秋の深まりが感じられるこの頃、芋栗南瓜のおいしい季節となりました。

今回は、ホクホクとした食感と優しい甘さがたまらない、秋の味覚の代表格であるかぼちゃに注目!

かぼちゃ料理に合わせたいお酒やかぼちゃで作られたお酒をご紹介します。

かぼちゃはどこからやってきた?

かぼちゃの原産地は中米・南米辺りというのが有力な説です。

メキシコの洞窟内にある紀元前7000~5500年の地層部分からかぼちゃの種が見つかったことから、そのように考えられています。

16世紀の天文年間(1532年~54年)にポルトガル船が難破し、豊後地方(現在の大分県付近)に漂着したことで日本にかぼちゃが持ち込まれました。

このかぼちゃは当時豊後国の大名である大友宗麟に献上され、「宗麟かぼちゃ」として広まりました。

また、1573年頃長崎県にかぼちゃが持ち込まれると、全国的にかぼちゃ栽培が普及することとなりました。

その後明治時代には、アメリカから新しい品種「西洋かぼちゃ」が持ち込まれました。

現在の品種の系統としては、「くりかぼちゃ」や「坊っちゃんかぼちゃ」が知られています。

かぼちゃの栄養

かぼちゃはβ-カロテンが豊富な緑黄色野菜です。

日本かぼちゃと西洋かぼちゃを比べると、西洋かぼちゃは粉質で甘みが強いぶんカロリーは高めで、β-カロテンやビタミンCも多く含んでいます。

一方、葉酸に関しては日本かぼちゃの方が多く、西洋かぼちゃのおよそ2倍の含有量があります。

β-カロテンは体内でビタミンAとなることで、粘膜を保護してウイルスや細菌から守ってくれ、粘膜や肌を保護します。

ビタミンCは鉄分の吸収を高めるほか、病気やストレスへの抵抗力を上げます。

さらに、コラーゲンの生成に関与するほか、色素沈着を防ぐ効果もあるそうです。

かぼちゃ料理とワインのペアリング

次に、おいしくて栄養たっぷりなかぼちゃ料理2品にペアリングしたいお酒をご紹介していきましょう。

最初のお料理はかぼちゃグラタンです。

チーズがたっぷりとトッピングされたグラタンは、ワインのお供の王道ですよね。

ほんのりと甘くほくほくとしたカボチャ入りのグラタンには、同じくほんのり甘味を感じられる、中甘口のロゼワインをおすすめします。

山梨の麻屋葡萄酒が造る「生き生き山梨 ロゼ」は、山梨県産マスカットベーリーA種を100%使用したやや甘口。

程よい甘さとキリッとした酸味があるため、濃厚なホワイトソースやチーズを爽やかに味わうことができます。

次の料理はかぼちゃのニョッキです。

かぼちゃの風味と甘みを感じられるニョッキのもっちり感と、コク豊かなクリームソースはベストマッチ!

ペアリングしたいお酒は、樽熟由来の濃厚な味わいが楽しめるワインです。

カリフォルニアのシックス・エイト・ナイン・セラーズが手掛ける「シックス・エイト・ナイン ”サブミッション” シャルドネ カリフォルニア」をおすすめします。

シャルドネ100%で、 シトラスのアロマに、白桃やリンゴ、ライムの花やレモングラスなど複雑なフレーバーが感じられます。

また、しっかりとした果実の甘みとココナッツのような樽感の中にクリスプな酸もあり、ニョッキの風味・食感とのペアリングを堪能できる1本です。

では次に、かぼちゃを使ったお酒をご紹介しましょう。

かぼちゃのお酒

最初のお酒は、北岡本家が手掛ける「やたがらす 吉野物語 かぼちゃ」です。

北岡本店は、奈良県南部の吉野熊野国立公園近くにある酒蔵。

吉野は江戸時代の初め頃交通の要として栄え、北岡本店はその宿場町の中心地に店を構え、創業者惣兵衛は古金屋(換金、手形の取扱い)を営んでいました。

七代目になって惣十郎が明治元年(1868年)酒、醤油、油造り等の事業を一本化し、酒造業専業に切り替え、以降日本古来の酒造り技術を伝承してきました。

「やたがらす 吉野物語 かぼちゃ」は、裏ごししたかぼちゃの優しい甘みを、豆乳でよりコクのあるクリーミーな味わいに仕上げたリキュールです。

かぼちゃの滋味が感じられ、濃厚でまろやか!

ミルクで割って飲めばまるでかぼちゃプリンを食べているようです。

シナモンパウダーも相性抜群。

温めても冷やしても柔らかな味わいです。

次のお酒は 黄桜の「パンプキン 発泡酒」です。

こちらは、ハロウィンの季節にぴったりなパンプキンイエローがきれいな数量限定の発泡酒。

パンプキンの素朴でほのかな甘みと風味が引き立つように苦みを少しだけおさえた、この季節だけのお楽しみです。

最後のお酒は宮崎市にある名門蔵・落合酒造場のかぼちゃ焼酎「PUMPKIN SHOCHU」です。

落合酒造場は、「ピーマン・生姜・小松菜・大根」など野菜を原料に焼酎造りをすることでよく知られています。

かぼちゃのフルーティーな香りとやさしい甘みが特徴的で、ロック、ストレート、炭酸割り、いずれでもおいしくいただけます。

かぼちゃがおいしいこの季節、かぼちゃやかぼちゃのお酒をたっぷり楽しみましょう!

コラムカテゴリの最新記事