豪雪地で暮らす人々と老舗酒蔵の杜氏に触れる旅

あうたび合同会社は、新潟県(十日町地域振興局)と共同で、津南の人と都会の人が出会い交流するツアー「豪雪地で暮らす人々と老舗酒蔵の杜氏に触れる旅」を実施する。

あうたび合同会社は、「日本中の素敵な人に出会う旅」を企画提供する企業。一方、津南町では、高齢化率が4割を超える勢いとなり人口減少に歯止めがかからない。まずは交流人口の増加が課題だ。

そんな二つの団体が目的とするのは、都会の人に津南の魅力、雪国の暮らしを知ってもらい、津南の人々との交流を通じて、地元の食や文化を体験してもらうことだ。

今回のツアーでは、津南町の中で最も雪深い秋山郷地区の秘湯に宿泊し、地元住民との交流や除雪作業などを体験。スノーシューを履いて新雪の上を歩き、一年で最も美しく厳しい季節を体感する。

また、地元で100年以上も愛され続ける老舗酒蔵を訪問して、仕込み作業真っ只中の蔵を見学。杜氏から酒造りや地域の暮らしについて話を聞く。さらには、アートなかまくらの中で地酒を楽しむ。

都会人にとっては、都会から離れて豪雪地の生活を知り、真に美味しい地酒を楽しむには良い機会だと言えるだろう。

開催概要

<開催日>2019年2月16日(土)〜17日(日)(1泊2日)

<開催地>新潟県中魚沼郡津南町

<募集人数>10名(最大20名)

<参加費>38,000円

<企画協力>新潟県 十日町地域振興局 企画振興部

お申し込み方法:あうたびのホームページ

出典元:あうたび合同会社のプレスリリース