JOY OF SAKE TOKYO

インターナショナルな利き酒イベントJOY OF SAKEが、11月7日(水)の午後6時から東京・五反田TOCビルで開催される。

JOY OF SAKEは、毎年夏に行われる「全米日本酒歓評会」に出品された日本酒を一般に公開するアメリカ・ハワイ発の利き酒イベント。2010年から東京での開催が始まっている。今年は恒例のニューヨーク、ホノルルに加えて、初めてロンドンにも上陸。東京が今年のグローバルイベントツアーのフィナーレとなる。

今回のJOY OF SAKE TOKYOには、首都圏を中心に、北海道と福岡からもジャンル多彩な実力派のレストラン15店が出店。今年の全米日本酒歓評会に出品された478銘柄という数多くのお酒と、バラエティ豊かな料理との様々なペアリングが享受できる。

また、今年は和菓子と日本酒のマリアージュの提案がメディアでも取り上げられた「薫風」のつくださちこ氏が特設ブースを出展。和菓子と日本酒の意外な好相性について語る予定だ。

さらに、イベント開始前に行われるオープニングセレモニーでは、2018年度全米日本酒歓評会のグランプリ、準グランプリ、エメラルド賞の授賞式が行われる。また、高知県酒造組合、和歌山県の名手酒造店、機械に頼らず、青森県の齊藤酒造など、各地方から実力を誇る多くの蔵元が自慢のお酒をサーブするスポンサーブースを出展する。

秋もたけなわの11月7日、格別な日本酒と丁寧に作られたお料理とのマリアージュで、秋の味覚を満喫してはどうだろうか。

JOY OF SAKE TOKYO 開催概要

■主催 NPO 法人ジョイ・オブ・サケ
■開催日時 2018年11月7日(水) 午後 6:00 ~午後 9:00
■会場 東京・五反田 TOCビル 13 階特別ホール(東京都品川区西五反田 7-22-17)
■入場料 ¥8,500(当日券:¥9,500)
■購入方法 ジョイ・オブ・サケ ホームページ(www.joyofsake.jp)など

■協賛ブース 日本吟醸酒協会、高知県酒造組合、株式会社名手酒造店、株式会社齊藤酒造、
World Sake Imports、ミス日本酒

出典元:ジョイ・オブ・サケ東京事務局プレスリリース