空港内醸造ワイン

「深川ワイナリー東京」を運営する株式会社スイミージャパンは、4月5日に大阪、豊能税務署より「果実酒製造免許」の交付を受け、世界初となる空港内のワイン醸造所併設ワインバルを大阪国際空港(伊丹空港)内に開業した。7月9日(月)11時よりワイン4種の販売を開始した。

このファーストリリースで販売するのは長野県塩尻産のコンコードとナイアガラを使ったワイン。それぞれが2種類で全4種類となる。

コンコード(赤)は果実の凝縮した味わいを楽しめる無濾過と、程よいバランスで旨味を残しつつ粗めの3μ(ミクロン)フィルターで濾過したあら濾過タイプの2種類。

ナイアガラ(白)もナイアガラ特有の華やかな香りとフルーティーさを楽しめる辛口ワインを濾過したものと、無濾過のものの2種類。

また、エチケットは、他にはない航空チケットをイメージしたエチケット。大阪国際空港(伊丹空港)でしか買えないオリジナルラベルだ。

なお、7月9日(月)11時~17時に、大阪国際(伊丹空港)空港2階到着口付近で、ファーストリリースの告知イベントを開催する。グラスワインは500円、ボトルは限定200本(ひとり2本まで)。

どうやら、空港は経由地ではなく目的地になるようだ。

出典元:株式会社スイミージャパンプレスリリース