ヴェネツィアのオステリア「アエ スコンテ」でプロセッコを楽しもう

北イタリアの水の都、ヴェネツィア。たくさんの旅行者が訪れるヴェネツィアには、とにかく観光客向きのお店があふれています。レストランのメニューはイタリア語ではなく英語で書かれ、客引きの店員さんはカタコトの日本語で呼びかけてくれます……が、そんな中で良いお店を見つけることは、正直なかなかむずかしいものです。

そんな時に探してみてほしいのが、「Ae Sconte (アエ スコンテ)」というオステリア。オステリアとは、リストランテ(=レストラン)よりも気軽に食事を楽しめるお店のこと。
「かくれんぼ」という意味の店名のとおり、おみやげ屋の立ち並ぶ通りから奥まった場所にあり、落ち着いた雰囲気が漂っています。

ワインは、グラスで飲めるものは少ないですが、少人数でも嬉しいハーフボトルのものが取り揃えられていました。
ここではぜひ、この地域の特産ワイン「プロセッコ」を注文したいところ。

アエ-スコンテ02

プロセッコとは、イタリアを代表するスパークリングワインのひとつ。
コストパフォーマンスが良いので、優雅な気分を手軽に楽しむことができます。
すっきりとした味わいはどんなお料理にも合わせることができますが、中でもヴェネツィア名物の魚介料理とは相性抜群です。

アエ-スコンテ01

街全体が迷路のようなヴェネツィア。どこに行ったらいいのか迷ってしまったら、ぜひこちらの「Ae Sconte」を目指してみてください。路地の奥で、美味しいワインと料理がきっとあなたを待っています。

まやかな

まやかな

お酒とごはん好きが高じて、イタリアンレストランや日本酒バーに勤務。特にビールやワイン、日本酒をよく飲みます。旅行も好きで、旅先では地酒を求めるのがお決まり。

あわせて読みたい