第一話 薩摩焼酎にはまった友人 〜薩摩焼酎を求めて、週末に鹿児島へ飛ぶ〜

バーボンと呼んでいいのはケンタッキー州で生産されたものだけ、だからテネシー州で生産されたジャック・ダニエルズはバーボンではない?そう、酒の趣を考えたとき、生産地方によって特別な呼称があることは見過ごせない。

シャンパンは、フランスのシャンパーニュ地方で造られた発泡ワインだし、クラレットにバ・アルマニャック、こういった産地指定によって醸し出される品格こそが酒の愉しみを一層に深くしている。

私の友人に、薩摩焼酎にはまった男がいる。

鹿児島産の芋焼酎のみが薩摩焼酎と呼ばれていて、「森伊蔵」「魔王」「村尾」の通称3Mはもはや誰もが知っているだうう。もちろんこれら以外にも銘柄は沢山あって、産地指定の気高い“焼印”を堅持している。鹿児島県酒造組合のWEBページに載っている酒元だけでも100を超えているから、こだわって自分の好きな銘柄を探求するならば、実際にはそれなりの呑み比べを要するだろう。

となれば、手っ取り早く現地に行ってしまえばいい。物好きだといわれても構わない、むしろ望むところだ。だから私の友人T君は、わざわざ週末を利用して鹿児島へ向かうのだった。

あわせて読みたい