地方の日本酒情報!

地方には美味しい日本酒がたくさんある。

まずは、信州。

「信州の酒蔵とすごい生産者に会いに行こう」

信州の酒蔵

「日本中の素敵な人に出会う旅」を企画提供する、あうたび合同会社は、黒澤酒造の協力で、地域を盛り上げる都会と田舎の人が交流するツアーを開催する。

黒澤酒造は佐久穂町の老舗酒蔵。佐久穂町は、プルーンやりんごなどの果樹や高原野菜などの栽培が盛んな場所でもある。

そこで、このツアーは黒澤酒造を中心に、地元の生産者を訪ね体験などを通じ、地元の人と都会の人が交流するのを目的としている。

1日目は信州ブランド「信州サーモン」の養殖場を訪問した後に、黒澤酒造で懇親会。美味しい日本酒を味わえる。

2日目は、プルーンの収穫やチーズ造り体験などで、この土地ならではの自然の恵みを堪能する。

日本酒だけでなく、他の美味しい食べ物も体験できる何とも贅沢な旅である。

【ツアー概要】

<開催日>2019年9月21日(土)〜22日(日)(1泊2日)

<開催地>長野県南佐久郡佐久穂町

<募集人数>15名(最大20名)

<参加費>38,000円

<企画協力>黒澤酒造株式会社

そして、岡山には酒造りを見学できるツアーもある。

出典元:あうたび合同会社

「岡山の旬の味覚どっさり!!ぶどう食べ放題と日本遺産吉備津神社・日本のエーゲ海牛窓日帰り」開催!

岡山の魅力どっさり

阪神電気鉄道株式会社の関連会社である株式会社エフエム・キタと、岡山市産業観光局プロモーション・MICE推進課、阪急交通社の3者共同企画として、バスツアーを9月15日(日)~10月12日(土)の期間で開催する。

この日帰りバスツアーには、岡山の魅力が満載!

まずは、「ベリーA」狩り食べ放題60分(「マスカット・オブ・アレキサンドリア」1パック(約350g)などのお持ち帰りつき)を楽しむ。

それから、桃太郎伝説となった吉備津彦命と温羅(うら)にまつわる伝説が残る、日本遺産で注目される「吉備津神社」を訪れる。

そして、酒工房「独歩館」で日本と世界の酒造りを見学し、さらに、自家製のフルーツ酒(マスカット、ピオーネ、白桃)や日本酒、梅酒、ジン、ウォッカなどが20分飲み放題。

1日で、岡山の魅力がたっぷり味わえるこのツアー。やはり岡山ならではのフルーツ酒も要注目だ。

【「岡山の魅力どっさり日帰りバスツアー」概要】
出発日:2019年9月15日(日)~10月12日(土)の期間中
旅行代金:8,990円~9,990円(大人一名)
URL:http://www.hankyu-travel.com/tour/detail_d.php?p_course_id=05081A&p_hei=30

出典元:阪神電気電気鉄道会社

そして、四国の美味しいお酒を味わえるこんな企画も。

四国酒の祭典「Shikoku Sake Trip 2019」開催!

Shikoku Sake Trip2019

Shikoku Sake Project 実行委員会は、四国4県の日本酒蔵を集めた四国酒の祭典「Shikoku Sake Trip2019 4県の蔵元と四国の酒を旅しよう♪」を、8月31日に浜松町にて開催する。

会場は瀬戸内の情報発信施設『ポンテせとうみ』。この施設の2階の飲食店スペースを活用する。

これまでの開催は大手町だったが、浜松に移すのは、羽田空港に近くなることで、外国人観光客の集客も視野に入れている。

今年の参加蔵数は23蔵。個性豊かな四国のお酒を四国の食材をふんだんに使ったお料理とともに楽しみたい。

<参加予定蔵元>

【徳島】3蔵

・鳴門鯛(本家松浦酒造場)、きらい(司菊酒造株式会社)、三芳菊(三芳菊酒造株式会社)

【香川】4蔵

・川鶴(川鶴酒造株式会社)、綾菊(綾菊酒造株式会社)、煌金陵(西野金陵株式会社)、森(小豆島酒造株式会社)☆初参加

【愛媛】7蔵

・山丹正宗(株式会社八木酒造部)、媛一会(武田酒造株式会社)、伊予賀儀屋(成龍酒造株式会社)、咲くら/さくら、桜風/おうふう(桜うづまき酒造株式会社)☆初参加、華姫桜(近藤酒造株式会社)、千代の亀(千代の亀酒株式会社)、梅錦(梅錦山川株式会社)

【高知】9蔵

・文佳人(株式会社アリサワ)、安芸虎(有限会社有光酒造場)、豊能梅(高木酒造株式会社)、山田太鼓(松尾酒造株式会社)、桂月(土佐酒造株式会社)、久礼(有限会社西岡酒造店)、南(有限会社南酒造場)、日乃出 桃太郎(文本酒造株式会社)、亀泉(亀泉酒造株式会社)

入場料:前売り2,000円/当日2,500円

※オリジナルグラス、乾杯酒1杯付き

出典元:四国酒プロジェクト実行委員会

あわせて読みたい