本物のオーガニックワイン、「ベル・フルール オーガニック」新発売

ベル・フルール オーガニック

メルシャン株式会社は、フランス最大級のビオディナミ実践ワイナリー「ドメーヌ・カズ」監修の新ブランド「ベル・フルール オーガニック」2種(メルロー、シャルドネ)を2月27日より新発売する。

世間では、健康を考えてオーガニック関連商品への関心が高まっている。メルシャンの調査では、実に77%がオーガニックの「ワイン」に興味を持っているという。一方で、値段の高さやオーガニックの基準が分からないといった点から、利用には至っていない人も多いことが分かった。

そこで、開発されたのがこの商品。同商品については、ヨーロッパの認証機関に加え、日本の有機認証機関「エコサート・ジャパン」でも認証を取得。また、メルシャン藤沢工場でボトリングすることで、良質なワインでありながらリーズナブルな価格を実現した。

監修した「ドメーヌ・カズ」は、化学肥料や農薬を使用せず、月の動きなど自然界のリズムに沿ってブドウ栽培を行う農法、ビオディナミを実践するフランスのワイナリー。その「ドメーヌ・カズ」が監修したのだから、このワインは折り紙つきだ。

「ベル・フルール オーガニック メルロー」赤は、チェリーやプラムのようなリッチな果実のアロマにほのかなスパイスを感じ、穏やかなタンニンが調和した赤ワイン。「ベル・フルール オーガニック シャルドネ」白は、パイナップルやモモのアロマに新鮮で生き生きとした酸のバランスがよく、しっかりとした余韻が楽しめる白ワイン。

南仏の花をあしらった自然でナチュラルなイメージのパッケージで、いかにも品質の良さが光るこのワイン。ぜひ本物のオーガニックを試してみたい。

出典元:メルシャン株式会社

あわせて読みたい