【3月7日は魚の日】この日には魚に合うビールを飲もう!!

【3月7日は魚の日】この日には魚に合うビールを飲もう!!

最近、重度の花粉症に悩まされてるため、魚を多く摂取するか悩むねむ助です。

皆さんは平気でしょうか?

私はダメです。

魚は花粉症に効くみたいですが、真偽が個人的に不明。

しかし、お酒のおつまみには最適なのは確か!!

今日は3月7日。

この日にちなんだお酒と共におつまみを今回も紹介しますね。

今日は何の日?

3月7日は魚の日です。

和食には欠かせず、おつまみとしても活躍してくれる魚。

なんで魚の日になったというと、「3(さ)か7(な)」の語呂合わせが由来で、さかなジャパンプロジェクト推進協議会(全国漁業協同組合連合会、大日本水産会、産経新聞社)が制定しました。

美味しい魚介類をもっとたくさん食べて欲しい、魚の素晴らしさをもっと知ってほしいという、さかなジャパンプロジェクト推進協議会の想いや願いが込められて出来た記念日。

『そういや最近食べていないな?』

って事は皆さん誰でもあると思います。

けどせっかくの魚の日くらいは美味しい魚のおつまみとビールで乾杯しましょう!!

この日にちなんだお酒は?

スーパーやコンビニで売っている定番ビールも確かに物によりますが、ビールは合います。

ここはやっぱり魚料理のために作られたビールはいかが?

今回紹介するのはsakana bacca  サカナトエール

 

 

このビール、実は店舗限定の珍しいビールなのです!!

取扱店舗は都内に6店舗あるsakana baccaの中の中目黒、都立大学、中延。

この3店舗限定販売になります。

日本の豊かな「魚食」の文化を一般の方にも広く伝えたいという想いから、日本の風景から減りつつある街の魚屋をモダンにアップデートをしつつ、食べて美味しいだけではなく、魚を知り、体験出来るお店作りを目指し、東京ではあまり流通していない魚種や高鮮度の鮮魚を産地や市場から仕入れている珍しい魚屋さんです。

このビールキャッチフレーズは魚とビールの新たな楽しみ方を提案する、魚を楽しむためのビール。

まさに魚の日にうってつけのお酒です。

麦から手づくりで地ビールを製造している石川県の農業法人『わくわく手づくりファーム川北』とコラボして完成したサカナトエールは、ちょっと雑味があり魚の生っぽさとマッチするアンバーエールとして登場。

色合いはよくあるアーバンエールとは少し違う、濁りがある黒めの茶褐色。

味は魚の旨味を邪魔しない様な芳醇な麦芽の香りと共に感じる事が出来る雑味と深味。

この全てが綺麗に魚とマッチします!

口当たりはさっぱりしているのに、きちんと焙煎された麦芽の酸味が味わえるので、食事を楽しみながらゆっくりのんびり飲むのに丁度良い一品です。

サカナトエールに合うおつまみは、やはり一番素材の味を楽しめるお刺身。

マグロやカツオなどの赤身魚とサバやアジなどの白身魚。

両方を贅沢に味わいながら味比べをして、どの魚がサカナトエールに一番合うのかを自分の味覚で是非確かめて欲しいです。

いかがでしょうか?

なかなか魚に合うビールが見つからない方は是非ともサカナバッカに足を運んでみてください!!

魚とビールに関して新たな発見があるかもしれませんよ...?!

今宵の酒カテゴリの最新記事