「第7回 日本橋エリア 日本酒利き歩き 2019」開催!

第7回 日本橋エリア 日本酒利き歩き 2019

東京・中央区の酒店・飲食店などで構成されている「日本橋日本酒プロジェクト」は4月13日(土)、「第7回 日本橋エリア 日本酒利き歩き 2019」を開催する。

今回は、前回の酒蔵に加えて新たな酒蔵が7軒参加し、より多彩な日本酒が堪能できる。

JR馬喰町駅から東京メトロ・都営地下鉄日本橋駅まで、日本橋エリアの飲食店など60店舗をめぐると、全国64蔵による日本酒が利き酒できる。

参加者は、受付で「オリジナルの利き酒専用お猪口(ちょこ)」を受け取り、飲食店を回っていく。 各飲食店では出品する各蔵元が参加者を出迎え、差し出されたお猪口(ちょこ)へ注ぐ。

各店舗では、日本酒の関連商品の販売のほか、日本酒を深く楽しめるイベントも準備している。

「福徳の森」会場では、杉玉(軒先に緑の杉の葉でつくったボールを吊るし、新酒ができたことを知らせるもの)をライブで制作。

日本橋から出航する「舟遊びみづは」では、船上で日本酒を楽しむ企画が用意。その他にも、路上での生演奏「トラペ座」など、さまざまなコンテンツが街中に広がっていく。

前売券が3,000円で、当日券が4,000円。

美味しい日本酒だけでなく、様々な催しも楽しめるビビッドなイベントだ。もちろん300円~とリーズナブルなおつまみも楽しみたい。

関連サイト

「第7回 日本橋エリア 日本酒利き歩き 2019」

前売券販売店、店舗情報地図紹介ページ

出典元:日本橋日本酒プロジェクトプレスリリース

 

あわせて読みたい