Sake World Cup 2019の先駆け、春のテイスティング会 -Road to Fall 2019-開催!

Road to Fall 2019

Sake World Cup実行委員会により、有限会社 J-Hoppersのバックアップのもと、秋の第2回Sake World Cup 2019に先駆けて、春のテイスティング会 -Road to Fall 2019-が4月13日に開催される。

今や「Sake」は日本だけのもので無くなってきた。日本国外での醸造も盛んに行われている。Sake World Cupは、日本酒文化が海外でどのように親しまれ、根付いていくのかを知り、その担い手になるべく活躍する人々に感謝するために発足した。

今回は、昨年大会後から密かに寝かせてあった余剰分の「Sake」を再びテイスティングする。スペイン、イギリス、アメリカ、ニュージーランド、オーストラリアの5カ国の「Sake」が一同に会する。

イベントには、ニュージーランド唯一の酒蔵 “ZENKURO 全黒” 杜氏 David Joll 氏が今年搾ったできたてのSakeと共に参加する。

海外の醸造のレベルの高さを知るいい機会でもあるこのイベント。「Sake」を愛する人には各国の味を知る絶好の機会である。

【イベント概要】
日時: 4/13(土) 16:00〜17:30

場所: Hana Sake Bar 大阪 心斎橋

参加費: ¥2,200 (25名様限定)

*申し込み*
https://www.facebook.com/sakeworldcup/

 

テイスティングSake: 概算提供量

1) Zenkuro(New Zealand) 40~50ml (昨年からの熟成版、新酒)

2) Nami(Mexico) 30ml

3) Kinunoshizuku(Spain) 40ml

4) Go-Shu(Australia) 90ml (燗酒提供)

5) Proper Sake(Nashville, USA) 30ml

6) Kanpai(London, UK) 30ml

出典元:Sake World Cup 実行委員会プレスリリース

あわせて読みたい