お酒を飲みながら江戸と現代の性を考える『春画のいろは~一夜限りの春画Bar~』開催

株式会社TENGAは、江戸時代の春画の楽しみ方を再現し、お酒を飲みながら春画×性を堪能する一夜限りのイベント『春画のいろは~一夜限りの春画Bar』を12月18日(金)にEarth+cafe&barにて開催する。

春画のいろは~一夜限りの春画Bar

“女性らしくを、新しく。”のコンセプトの元、発売以来、人気を博している現代の最先端の性具といえる女性用セルフプレジャーアイテム“iroha”と江戸時代の性文化の象徴である“春画”のコラボレーション企画。

イベントでは、春画展日本開催実行委員の浦上満氏と美術出版社『美術手帖』編集部の望月かおる氏による春画や性具に関するトークショーや、江戸時代と現代の性具比べ、iroha新商品の披露を行う予定だ。

また、春画展では見られない、変わりダネ春画や、江戸時代の性具にフォーカスした春画など、貴重な資料が公開される。

さらに、当イベント限定で、”【 TORI 】(小豆リキュール)”、”【 KUSHI 】(栗リキュール)”、”【 YORU 】(よもぎリキュール)”という名の3種類のirohaオリジナルカクテルも用意される。

参加費は1ドリンク込みで2,000円。12月18日(金)19:30開演、参加条件は18歳以上の女性またはカップル限定となっており、男性のみでの応募は不可。

美味しいお酒を飲みながら、江戸時代の性を考えたり、最先端の性具を見てみたい方はぜひ足を運んでほしいものだ。

関連リンク

春画のいろは~一夜限りの春画 Bar~:一般参加者申し込み受付サイト

出典元:株式会社TENGAプレスリリース

あわせて読みたい