テーブルに黄金の花束を。レミー・パニエ社の『ブーケ・ドール・ロゼ』、9月1日よりアサヒビールから新発売

アサヒビール株式会社は、フランス/レミー・パニエ社の『ブーケ・ドール・ロゼ』を9月1日より発売する。

ブーケ・ドール・ロゼ

昨今、日本では日常的にワインが飲まれている。それに伴い、これまでクリスマスや祝いごとといった特別な機会に消費されていたスパークリングワインもカジュアルに飲まれるようになってきた。

レミー・パニエ社は、1811年にロワール川流域・ソミュール市に設立された歴史あるワイン会社。高品質なワインを造ることで国内外での評価が高い。『ブーケ・ドール・ロゼ』はそんな社のスパークリングワインだけあって品質は保証済だ。

『ブーケ・ドール・ロゼ』という名前は日本語で”黄金の花束”という意味。その名前にたがわず、見た目も美しい鮮やかなサーモンピンク色をしている。苺やラズベリーのようなエレガントな甘い香りと、フルーティーで軽快な飲み口がたまらない。

価格も手頃で、日常使いにもお勧め。食卓を明るく楽しくしたい時に、食事と一緒に楽しんではいかがだろうか。テーブルの上に、黄金の花束が広がる。

出典元:アサヒビール株式会社

 

あわせて読みたい