福島県が産んだ日本酒を味わおう!毎月地酒とおつまみが届く「fukunomo」が3月11日よりオンライン受付を開始

  • 2016.03.01
福島県が産んだ日本酒を味わおう!毎月地酒とおつまみが届く「fukunomo」が3月11日よりオンライン受付を開始

福島県のコミュニティプラットフォーム、一般社団法人ふくしまチャレンジはじめっぺでは、県内の酒蔵が厳選した酒と肴を毎月届ける「fukunomo」を運営。3月11日より定期購入の受付をオンラインで開始する。

fukunomo

一般社団法人ふくしまチャレンジはじめっぺでは、福島県から新しい流れを創る「ふくしまから はじめよう。」をスローガンに、復興へ前向きに取り組む県内外の企業・団体のコミュニティプラットフォームを構築している。その一つとして、福島日本酒定期販売プロジェクト実行委員会を設立し、「fukunomo」を通して県内の日本酒とおつまみの定期販売を行っている。

当プロジェクトでは、福島県の地酒(四合瓶1本)と日本酒のプロが厳選したおつまみ(2品)を1セットにして販売。期間限定の「初しぼり」のお酒や、珍しい地酒が味わえるとともに、定番のおつまみや意外な組み合わせなど、季節毎の酒と肴が楽しめる。

日本酒愛好家はもちろんのこと、地酒に挑戦したい方や利き酒を試してみたい人などにお薦めのセットだ。福島県が産んだ日本酒の奥行きの深さを感じられるに違いない。

なお、定期購入のスタートに合わせて、3月2日には東京の日本橋ふくしま館MIDETTEで、3月11日には大阪の浅野日本酒店でイベントが行われる。

関連リンク

fukunomo

出典元:合同会社ジャパンライフデザインプレスリリース

カテゴリの最新記事