乳酸菌の日には乳酸発酵を行った白ワインを

毎月23日は乳酸菌の日です。

乳酸菌の日は愛知県名古屋市に本社を置く、乳酸菌飲料などの製造・販売を行っているカゴメが制定しました。

にゅう(2)さん(3)の語呂合わせからで、2月3日は1年を通してのシンボル的な記念日にもなっています。

毎月になっているのは、スーパーなどでの販売促進を行うためで、乳酸菌を使った商品で元気になってもらいたいという願いが込められています。

乳酸を作るから「乳酸菌」

乳酸菌という名前の菌は、実は存在しません。

乳酸菌は、炭水化物や糖を使い、乳酸を生み出す微生物や菌の総称です。

乳酸が作られることで、腸内は酸性に保たれ、悪玉菌の増殖を抑えてくれるといいます。

乳酸菌は善玉菌と呼ばれる、体に良い働きをしてくれる菌にあたり、毎日続けて摂取することが大切だといわれています。

乳酸菌には整腸作用やコレステロールの低減、老化の予防などの効果があるといわれており、毎日摂取することで腸内のバランスが整うといいます。

食生活に欠かせない乳酸菌の含まれた食品

乳酸菌飲料やヨーグルトだけに限らず、乳酸菌の含まれた食品はたくさんあります。

味噌や醤油、漬物、納豆などの発酵食品には、どれも乳酸菌が豊富に含まれています。

発酵食品は日本人の食生活に欠かせないものが多く、近年では発酵食品を多くとって腸内フローラを整える「腸活」という言葉が流行するほど。

ブームはお酒にも及んでおり、生きた乳酸菌が入っているお酒まで発売されています。

お酒を飲むときも健康に良い乳酸菌を、というわけです。

ワインと乳酸菌の関係

乳酸菌入りのお酒が健康に良いかという議論はさておき、お酒造りにも乳酸菌は関係してきます。

特に挙げられるのはワインではないでしょうか。ワインはアルコール発酵の後に、乳酸発酵を行います。

この発酵は「マロラクティック発酵」と呼ばれるもので、乳酸菌がワインの中にあるリンゴ酸を、乳酸と炭酸ガスに変えることをいいます。

マロラクティック発酵が行われることで、酸味が落ち着いてまろやかになり、香りに複雑さを与え、安定して熟成しやすくなります。

ほとんどの赤ワインはマロラクティック発酵を行って造られます。

白ワインでは、樽熟成させることの多いシャルドネなどの品種で行いますが、複雑味が増し、ナッツやバターなどの香りが感じられるようになります。

マロラクティック発酵を行っている白ワインを探す

マロラクティック発酵を行っているワインを、例えば白ワインで探そうと考えた時、どうすればいいでしょうか。

マロラクティック発酵を行っているかどうかは、バックラベルなどにも記載していないことがほとんどなので、お店の方に聞いて探すよりほかにないのが実情です。

他には、ワインのメーカーや輸入代理店、販売元の商品詳細ページなどで調べることが出来ます。

例えば、マロラクティック発酵を行ったものとそうでないものを、シャルドネで飲み比べたい、といった場合は、店員さんに聞くかサイトで調べて確認するといいでしょう。

複雑で重厚感のある味わいを体験して

マロラクティック発酵を行っている白ワインは、高級品に多い傾向があります。

なかでもシャブリのプルミエ・クリュ以上のものや、シャンパーニュの一部といったものがよく知られています。

確かに、しっかりとした粘性が感じられ、複雑で豊かな味わいを楽しむことができ、お値段にも納得感があります。

重厚感のあるこうした白ワインは、好みがあるといえますが、白ワインの見方が変わるので、一度体験してみるのはいいのではないかと思います。

乳酸菌の入ったお酒で健康に、といっても、お酒はお酒でしかなく、アルコールの経口薬毒のほうが乳酸菌より強いので、あんまり意味はないのではと感じるとともに、どうせ酔うなら、お金で買える体験をくれるシャブリのほうがいいかな、などと思ったりします。

お好みのお酒で、楽しい時間を過ごしたいですね。

今宵の酒カテゴリの最新記事