TOKYO隅田川ブルーイング チェリールージュ

アサヒビール株式会社は、“ビール類の楽しさを広げるスペシャリティビール類”の第四弾として、『TOKYO隅田川ブルーイング チェリールージュ』を12月18日に新発売する。

TOKYO隅田川ブルーイング」ブランドは、2017年9月から東京23区内の飲食店を中心に3品種の樽詰商品の発売を開始した。昨今、嗜好が多様化したことに伴い、個性的な味わいを特長とするビール類に注目が集まっていることが背景となっている。

そんな中、アサヒビールは、“ビール類の楽しさを広げるスペシャリティビール類”として、6月に『TOKYO隅田川ブルーイング ゴールデンエール』、8月に『TOKYO隅田川ブルーイング ペールエール』『TOKYO隅田川ブルーイング 琥珀の時間』を、それぞれ発売してきた。今回の『TOKYO隅田川ブルーイング チェリールージュ』は、その第4弾に当たる。

この 『TOKYO隅田川ブルーイング チェリールージュ』は、チェリーの甘酸っぱさとやわらかな余韻が楽しめるフルーツビアスタイルの発泡酒。厳選したアメリカ産チェリーやクランベリーフレーバーなどを加え、爽やかで甘酸っぱい味わいを表現している。また、厳選した麦芽を使用するとともに、乳酸とリンゴ酸を加えることでふくらみのあるやわらかな余韻を実現。液色は華やかな赤色で、チェリーの甘酸っぱい味わいを、視覚的にも訴えている。

ビール類の定義がどんどん広がりつつある今日この頃、より楽しく味わえる『TOKYO隅田川ブルーイング チェリールージュ』もお気に入りの一つにしてみてはどうだろうか。

出展元:アサヒビール株式会社