WESTBOUND Session IPA 2nd

Far Yeast Brewing株式会社は、10月26日(金)よりBEERSONICとのコラボレーションビールの第二弾として、クラフトビールブランド「Far Yeast」の限定醸造「Far Yeast WESTBOUND Session IPA 2nd」を発売する。

「Far Yeast WESTBOUND Session IPA 2nd」とタッグを組む「BEERSONIC」は、「ホップ効かせます」をテーマに、クラフトビールと様々なカルチャーを結びつけている福岡県のインディーズ酒屋。

前回のWESTBOUNDでのタッグが大好評だったため、今回のWESTBOUND 2につながった。

前回作の特徴である白ぶどうを思わせる「Nelson Sauvin」はそのままに、今回は新たに梨やバナナを思わせる「Jarrylo」が加えられた。

2つのホップの個性が際立つふくよかな香りと、心地よい苦味が爽快なセッションIPAが楽しめる。

福岡と東京という最も面白い街が反映したこのビール。時代を先駆ける新しい味わいの誕生だ。

出典元:Far Yeast Brewing株式会社