ワイン&日本酒セラー

ワインセラーメーカーさくら製作所が、日本で開発された技術を日本で生産する「日本製」のワインセラーを7月1日より発売する。これは、全く新しいコンセプトの「ワイン&日本酒セラー」である。

当製品は、さくら製作所だけが取得している特許技術、0℃設定可能な「New ZEROクラスターツイン冷却」を搭載しており、上室と下室、個別に温度管理ができる。上室には、家庭用冷蔵庫よりも早く飲み物を冷やせる「急速冷却モード」も備わっている。

また、色やデザインには日本が感じられる。日本を連想させる色の一つ、「赤」を扉のラインに加わった。デザイン性だけでなく、赤色の軟質樹脂をフレームに結合させる成型技術で、ガラスとフレームの断熱をしている。

さらに、庫内には、「灯篭の光」をイメージした暖かみのあるLEDライトを採用。青色系紫外線を含まないので、ワインや日本酒の劣化を促進することがない。ワインの熟成に画期的な性能を持つ特別なLEDだ。

ガラス扉は、機能美を追求して作ったもの。従来よりも60%以上軽いのにさらに丈夫だ。3重ガラスより断熱性能が高い2重ガラスの扉。フレームに世界で初めてウレタン発泡を排している。0℃の維持はもちろん、ワインの熟成に最適な扉仕様。

筐体には一般家庭用冷蔵庫などで使われている断熱材よりもさらに高性能なHFO断熱材を使用。従来より10-20%の省エネ効果を発揮するだけでなく、環境にも配慮したこれからの新素材だ。

まさに、世界で一番「技術的」で、世界で一番ワイン&日本酒がおいしくなるセラー。実勢価格(約285,000円)がとても安く感じられる優れものである。

出典元:さくら製作所