Pocket

インペリアルチョコレートスタウト<ナインリーヴズ-バレルエイジ>

サンクトガーレン有限会社はラム樽で熟成させたビール「インペリアルチョコレートスタウト<ナインリーヴズ バレルエイジ>」を2月25日より順次発売する。

バレルエイジドビールとは、ウイスキーやワインの木樽で熟成させたビール。木樽に染み込んだお酒の風味がビールに移り、通常のビールの製造工程では表現できない複雑な味わいとなる。

今回の商品は、バレンタインシーズンに限定醸造している「インペリアルチョコレートスタウト」を使用して熟成したもの。

ビターチョコのような味わいの濃厚な黒ビールでアルコールは9%。2年間の熟成が可能で、月日を経るとラムのような甘味が出てくるため、今回は、滋賀県で国産ラム酒を製造しているナインリーヴズの木樽で熟成を行った。国内製造のバレルエイジドビールでラム樽熟成のものは”初”(当社調べ)。

この種のビールは、日本では欧米ほど木樽が簡単に入手出来ないことや、木樽を置くスペースの確保の関係で、ほんの数社しかつくっていない。

当ビールは2月25日、神楽坂の地ビールダイニング「ラ・カシェット(東京都新宿区神楽坂1-10 三経第22ビル3F)」のイベントで初めて披露される。料金は6,000円(税込)で食べ飲み放題。

なお、このビールはイベント後に順次発売予定だが、製造量が少ないためボトルでの販売は行わないとのこと。

ラム樽で熟成させたビールを飲むという、非常に貴重な体験を神楽坂でしてみるのはどうだろうか?

出典元:サンクトガーレン有限会社

Pocket