ミドルユーザーへの道か、ウイスキーガイド本のクラウドファンディング開始

ウイスキーガイド

出版・WEBコンテンツ制作会社の株式会社フォーギは、1月12日よりクラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」にて、ノンユーザー〜ライトユーザー層に向けたウイスキーガイド本出版企画プロジェクトを開始した。

このプロジェクトが生まれた理由

ジャパニーズウイスキーが世界的に人気を集め、国内でもハイボールブームや 連続テレビ小説「マッサン」(NHK)などの影響でウイスキーの需要は高い。

ところが、「居酒屋でハイボールは飲むが、ウイスキーについては全く知らない」というライトユーザー層は厚く、ウイスキーに関して深い知識をもつヘビーユーザー層との知識の差が大きく開いている。

そこで、このようなノンユーザー〜ライトユーザー層に向けたウイスキーガイド本を刊行する企画が立つこととなった。

監修者は八重洲「LIQUORS HASEGAWA本店」店長・倉島英昭氏と、神田「Bar&Sidreria Eclipse first」オーナー・藤井達郎氏の2名。専門家が接客をするバーやパブへの関心の喚起、ウイスキー市場のさらなる拡大につながる一冊を目指す。

ファウンディングの内容

企画名:「お酒好きのあなたとつくる『ウイスキーの良さを知ってもらう本』刊行企画」

目標金額:120万円

募集期日:2018年3月22日(木)23時59分まで

 

★ウイスキーについて詳しく知りたいライトユーザーには、ミドルユーザーの道が開く第一歩。

関連リンク

お酒好きのあなたとつくる『ウイスキーの良さを知ってもらう本』(仮)刊行企画-CAMPFIRE

出典元:株式会社フォーギプレスリリース

あわせて読みたい