Pocket

灘の酒フェスティバル

灘五郷酒造組合は神戸市、西宮市と共催で、「日本一の酒処!灘の酒フェスティバル 2017 in 銀座」(灘フェス2017)を東京・銀座にある時事通信ホールで9月15日(金)、16日(土)の2日間開催する。

テーマは「まだ知らない、神戸と西宮で醸された“灘の酒”の魅力を発見!」。蔵元自慢の「灘の酒」 (純米大吟醸酒、大吟醸酒、域限限定酒、スパークリング日本酒、純米酒、原酒、梅酒、リキュールなど)の飲み比べや、特設販売ブースでの購入ができる。

両日には、「灘の酒」の歴史や最新の取り組みまで伝えるセミナーが開催。初日の乾杯式では鏡開きと振る舞い酒が行われる。

さらに、お燗ブース、食と酒器のブースなどでは、灘の酒によく合う料理、おつまみから、引き立てる酒器までが用意され、新しい日本酒の飲み方が体感できる。

食のブースでは神戸と西宮に本社を持つ食品メーカーが特別協賛し、六甲バターのQBBチーズや、ネスレ日本のキットカットなどが配られ、日本酒とのマリアージュが楽しめる。

出品酒造は、【福寿(ふくじゅ)】神戸酒心館、【剣菱(けんびし)】剣菱酒造、【島美人(しまびじん)】北山酒造、【白鹿(はくしか)】辰馬本家酒造など計17蔵。

また、イベント初日はあおい有紀さんの司会進行でヴァイオリニストの竜馬(Ryoma)さん、2日目は島田律子さんの司会進行で箏奏者の吉永真奈さんとヴァイオリニストのSong(ソング)さんの生演奏が行われる。

他にも兵庫県出身の日本酒専門漫才コンビ「にほんしゅ」の酒蔵紹介&漫才、ミス日本酒など、盛りだくさんだ。

知っているようで知らない灘の酒について知るには絶好のチャンス。お洒落なそのスタイルを知るために、ぜひイベントに足を運んでもらいたい。

【灘フェス2017開催概要】

日時:
【初日】2017年9月15日(金)19:00~21:30(2.5H)
【2日目】2017年9月16日(土)第1部13:00~15:00(2H)、第2部16:00~18:00(2H)
定員:各部350名、合計1,050名(予定)
場所:時事通信ホール(住所:東京都中央区銀座5-15-8)

料金:
【初日】前売券:2,500円、当日券:3,000円※
【2日目】前売券:2,000円、当日券:2,500円※
※当日券販売は未定、料理はキャッシュオン、税込

関連サイト

灘フェス2017公式サイト

 

 

Pocket