サッポロビール株式会社は年末年始にふさわしい「ヱビス めでたい缶」を12月22日より発売する。

年末年始には一味違ったビールを飲みたいものだ。そこで、この「ヱビス めでたい缶」がお勧めなのだ。

普通のヱビスビールと何が違うかというと、10℃以下に冷やすと、パッケージにデザインされた鯛が白色から桜色に変化するのである。

ヱビス-めでたい缶_冷却前後

この桜色の鯛は、縁起が良いとされている桜鯛である。まさに年末年始を縁起良く迎えるには最適だと言える。

また、鯛の色の変化が飲みごろの合図となるので、とても便利だ。飲みごろは、4~8℃と言われている。冷蔵庫に5~6時間入れておけば、いつのまにか白い鯛が桜色になっている。

美味しいご馳走とともに、「ヱビス めでたい缶」を味わえば、めでたい新年を迎えられることは間違いない。

出典元:サッポロビール株式会社